バッファロー、3月上旬に新製品…「1人1台」のICT教育環境をサポート

教育業界ニュース 教材・サービス

無線LANアクセスポイント「WAPM-2133TR」
  • 無線LANアクセスポイント「WAPM-2133TR」
  • バッファロー
 バッファローは、法人向けの無線LANアクセスポイント「WAPM-2133TR」を3月上旬に発売する。トライバンドとDFS障害回避に対応し、児童生徒1人1台の教育用コンピューター環境の構築をサポートする。

 バッファローは、快適な無線LAN環境を実現する製品や管理技術を通じて教育のICT環境整備を支援しているという。「WAPM-2133TR」は、3つの周波数帯の通信に対応したトライバンドの法人向け無線LANアクセスポイント。W52/W53専用とW56専用の2つの5GHz帯用アンテナを搭載し、多台数の同時接続時に安定した高速通信を実現する。さらに、機器の接続を分散するように自動的に振り分ける「バンドステアリング機能」も搭載した。

 そのほか、多台数端末への通信のばらつきを制御する「公平通信制御機能」で、タブレットが同時に教材動画を閲覧したときに起きるコマ落ちなどを抑制し安定した動画再生を行う。工業機器の電波などWi-Fiを妨げる電波ノイズのある環境でも「干渉波自動回避機能」で、安定した通信環境を設定する。また、気象や航空レーダーをとらえた際には、チャンネルを瞬時に切り替える「DFS(Dynamic Frequency Selection)障害回避機能」で通信を切断することなく安定したタブレット授業が行える。

 同社は、文部科学省が2016年に発表した「教育の情報化加速化プラン」に基づいた「児童生徒1人1台の教育用コンピューター環境」を実現するための無線LANアクセスポイントとして、学校など文教施設向けに本製品を推奨していきたい考え。

 「WAPM-2133TR」は、99,800円(税別)。3月上旬に、全国のパソコンを取り扱う商社や代理店、直販サイトで発売する。商品の詳しい内容はWebサイトで確認できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)