高校生が就きたい職業1位…男子「公務員」、女子は?

生活・健康 高校生

将来就きたい職業があるか
  • 将来就きたい職業があるか
  • 将来就きたい職業(性別)
  • 将来就きたい職業(学科別)
  • 結婚願望
  • 子どもを持ちたいか
  • 子どもの希望人数
  • 将来の働き方
  • 小遣いの有無
 高校生が将来就きたい職業の1位は、男子「公務員」、女子「保育士・幼稚園教諭」であることが2月2日、消費者教育支援センターと生命保険文化センターが実施した調査結果より明らかになった。高校生が将来希望する子どもの人数は、平均2.3人であった。

 「高校生の消費生活と生活設計に関するアンケート調査」は平成28年7月、全国の高校1~3年生を対象に実施。83校3,153人から回答を得た。

 将来就きたい職業については、「はっきりと決めている」が20.7%、「なんとなく決めている」が44.8%と、全体の6割以上が「決めている」と回答した。男子より女子の方が、「決めている」と回答した生徒が多かった。

 将来就きたい職業は、男子が1位「公務員」、2位「技術者・整備士」、3位「プログラム・システムエンジニア」。女子は1位「保育士・幼稚園教諭」、2位「看護師・歯科衛生士」、3位「接客業・営業・販売」「会社員・事務員・秘書」であった。

 学科別では、普通科は1位「公務員」、2位「教師」、3位「看護師・歯科衛生士」、普通科以外は1位「保育士・幼稚園教諭」、2位「会社員・事務員・秘書」、3位「調理師・栄養士」という結果だった。

 結婚については、7割強が「したい」と回答。将来子どもを持つことについては、7割弱が「持ちたい」と答えた。子どもの希望人数は、平均2.3人。平成24年に実施した前回調査の平均2.7人から減少した。将来の働き方は、男子の53.1%が「育児に関係なく働き続ける」だったに対し、女子は68.1%が「育児休暇を取り、職場に復帰する」とした。

 一方、お小遣いについては、「定期的にもらっている」52.1%、「その都度もらっている」23.7%、「もらっていない」23.8%。1か月にもらっている金額は、平均4,944円だった。アルバイト経験があるのは、全体の1割強。1か月の収入金額は、平均4万1,421円。貯金については、「目的を持ってお金を貯めている」(23.0%)と「目的はないが、お金を貯めている」(41.3%)を合わせて6割以上が貯金をしていた。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)