デジタルアーツ「i-FILTER ブラウザー&クラウド」刷新2/28発売

 情報セキュリティメーカーのデジタルアーツは、「i-FILTER(アイフィルター)ブラウザー&クラウド」において、端末内のWeb通信をアプリによらず制御可能な「MultiAgent」と、端末内データー保存を制御できる「SecureBrowser」にラインアップを刷新し、2月28日に発売する。

教育ICT 先生
デジタルアーツ
  • デジタルアーツ
  • 「i-FILTER ブラウザー&クラウド」Ver.4.9のラインアップ一覧
  • i-FILTER(アイフィルター)ブラウザー&クラウド
 情報セキュリティメーカーのデジタルアーツは、「i-FILTER(アイフィルター)ブラウザー&クラウド」において、端末内のWeb通信をアプリによらず制御可能な「MultiAgent」と、端末内データー保存を制御できる「SecureBrowser」にラインアップを刷新し、2月28日に発売する。

 「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、業務効率化と同時にさまざまな脅威から端末を守る、企業・教育機関・官公庁向けのエンドポイントWebセキュリティ。国内最大級のデーターベースによる、業務内容に合ったきめ細かなWebへのアクセス制御を実現している。

 教育現場のICT化などにより、iPadやWindowsタブレット端末の導入が進む中、ブラウザーを選ばないWebフィルタリングやWeb閲覧機能を持つアプリケーションと併用するニーズなど、モバイル端末の利用は新たな局面を迎え始めている。

 そこで、デジタルアーツは、企業官公庁向けのモバイル端末向けフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」Ver.4.9において、端末内のすべてのアプリケーションにWebフィルタリング(WebViewの通信が対象)を設定できる「MultiAgent」と、端末内データー保存を制御できる専用ブラウザー型の「SecureBrowser」の2ラインアップに刷新。新たに「MultiAgent for iOS」と「SecureBrowser for Windows」も追加した。

 すべてのアプリケーションにフィルタリングを行うことができる「MultiAgent for iOS」は、iOSの標準ブラウザーであるSafariにフィルタリング設定が可能。また、これまでは業務アプリや学習支援アプリとの併用時にフィルタリングの抜け道となりえた、アプリ内のWeb閲覧機能も制御できる。「SecureBrowser for Windows」では、学校で1台のタブレット端末を複数人で利用する際に、以前の利用者情報を削除できる。

 「MultiAgent」と「SecureBrowser」の併用もできるようになり、より多くのセキュリティ対策ができるようになった。さらに、マルウェア感染や端末利用者が危険なサイトへアクセスした際に管理者へ通知する機能も搭載。管理者はこの情報をもとに、インシデントが生じた場合の初動対応として、外部端末を遠隔操作でネットワークから隔離できる。

 2月28日より販売を開始する。定価は5ライセンスで年間1万6,500円(税別)。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)