「デジタルえほんアワード」に挑戦する小学生募集、無料プログラミング教室

 ユーバープログラミングスクールは2017年3月、小学生を対象とした無料のプログラミングワークショップを都内の2教室で開催する。太陽系の惑星をテーマにしたオリジナルえほんの企画・開発に参加し、「第5回デジタルえほんアワード」への応募作品の製作にチャレンジする。

デジタル生活 小学生
ユーバープログラミングスクール
  • ユーバープログラミングスクール
  • デジタルえほんアワード
 ユーバープログラミングスクールは2017年3月、小学生を対象とした無料のプログラミングワークショップを都内の2教室で開催する。太陽系の惑星をテーマにしたオリジナルえほんの企画・開発に参加し、「第5回デジタルえほんアワード」への応募作品の製作にチャレンジする。

 同スクールは2017年4月に東京都江東区に開校予定。小学生向けのプログラミング教育の場として、楽しさや創造性を感じながら論理的思考力が育つ高品質なカリキュラムと、いつでもヘルプできる環境を提供予定だという。

 「国際デジタル絵本フェア」の関連事業として設立された「デジタルえほんアワード」は、第5回開催に伴い子ども向けデジタル表現作品や教材を2017年4月7日まで募集している。今回開催するワークショップでは、団体「チームユーバー」としてアワードに応募する作品を製作するという。

 テーマは「太陽系の惑星」で、プログラミングにはScratch(スクラッチ)を使用。講師からアドバイスをもらいながら、2から3名程度のチームで、惑星ごとに1つの面を企画から開発まで担当する。エンドロールには携わったすべての人の名前が掲載される。絵を描くのが好き、Scratchが得意、太陽系の惑星に興味がある、面白いアイデアを考えるのが好き、という小学生を歓迎するという。

 会場は豊洲文化センター(豊洲教室)と江東区文化センター(東陽町教室)。定員は各教室6~9名程度。日程は3日にわたる3回(1回2時間程度)で、全日程に参加できること。参加希望者はユーバープログラミングスクールのWebサイトで募集概要を確認のうえ、申込みフォームより申し込む。

◆ユーバープログラミングスクール「無料プログラミングワークショップ」
会場・日時:豊洲教室(豊洲文化センター)/第1回 3月12日(日)15:30~16:45・第2回 3月18日(土)14:00~16:00・第3回 3月20日(祝・月) 14:00~16:00
東陽町教室(江東区文化センター)/第1回3月11日(土)10:00~11:15・第2回3月19日(日)9:45~11:45・第3回 3月25日(土) 9:45~11:45
対象:小学生
※Scratchの経験がある、絵を描くことが好き、太陽系の惑星に興味がある、面白いアイデアがあるなど、今回の開発内容に興味を持つ人
※年齢は応相談
※保護者も同席可能
定員:各教室6~9名程度
参加費:無料
申込方法:ユーバープログラミングスクールのWebサイトより
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)