小中学生が就きたい仕事、女子1位は「パティシエ」男子は?

 小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が2年連続で「会社員」、女子が3年連続で「パティシエ」であることがアデコによる調査で明らかになった。また、今回の調査では「自営業・個人事業主・フリーランス」と「ゲームクリエイター」が初めてトップ10に入った。

生活・健康 小学生

アデコ 小中学生が将来就きたい仕事(男女総合)
  • アデコ 小中学生が将来就きたい仕事(男女総合)
  • アデコ 小中学生が将来就きたい仕事(男子)
  • アデコ 小中学生が将来就きたい仕事(女子)
  • アデコ 小中学生が好きな教科/嫌いな教科
 小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が2年連続で「会社員」、女子が3年連続で「パティシエ」であることがアデコによる調査で明らかになった。また、今回の調査では「自営業・個人事業主・フリーランス」と「ゲームクリエイター」が初めてトップ10に入った。

 人材サービス企業のアデコでは、2014年より全国の小中学生(6歳~15歳の男女)を対象に「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査を実施している。4回目となる今回は、2016年11月に1,000人の小中学生を対象に実施した。

  小中学生が就きたい仕事の総合1位は「会社員(サラリーマン・OL)」11.8%で、2位「医者」6.2%、3位「パティシエ」5.8%と続いた。男子の1位は2年連続の「会社員」14.4%で、前回調査より4.2ポイント増。2位は「サッカー選手」7.4%、3位「医者」6.0%だった。女子の1位は3年連続で「パティシエ」11.0%、2位は「会社員(サラリーマン・OL)」9.4%、3位「医者」6.4%だった。今回の調査では、「ゲームクリエイター(男子6位)」や「自営業・個人事業主・フリーランス(男子7位・女子8位)」が初めてトップ10にランクインした。

 また、好きな教科・嫌いな教科を聞いた質問では、「好きな教科」「嫌いな教科」のいずれも1位が「算数・数学」、2位が「国語」で、得意・不得意がはっきりする教科であることもわかった。

◆小中学生が「将来就きたい仕事」ランキング
<総合>
1位 会社員(サラリーマン・OL)
2位 医者
3位 パティシエ(お菓子職人)
4位 公務員
5位 サッカー選手
6位 野球選手
7位 自営業・個人事業主・フリーランス
8位 専業主婦/主夫
9位 先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)
10位 学者・研究者

<男子>
1位 会社員(サラリーマン・OL)
2位 サッカー選手
3位 医者
4位 公務員
5位 野球選手
6位 ゲームクリエイター
7位 自営業・個人事業主・フリーランス
7位 学者・研究者
9位 経営者
9位 建築士・大工

<女子>
1位 パティシエ(お菓子職人)
2位 会社員(サラリーマン・OL)
3位 医者
4位 公務員
5位 先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)
6位 専業主婦/主夫
6位 ピアノやお稽古の先生
8位 自営業・個人事業主・フリーランス
9位 漫画家
10位 看護師
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)