【大学受験2018】法政大、受験生向け給付型奨学金の採用者数100名増

教育・受験 高校生

法政大学
  • 法政大学
  • 法政大学 2018年4月入学希望者対象 チャレンジ法政奨学金について
  • 法政大学 2018年4月入学希望者対象 法政大学独自の給付型奨学金制度の変更について
 法政大学は7月20日、2018年(平成30年)4月入学希望者対象の独自給付型奨学金制度にかかわる変更内容を公開した。返済不要の給付型奨学金のうち、「新・法政大学100周年記念奨学金」の採用者数と「チャレンジ法政奨学金」の候補者人数を増加する予定。

 変更があるのは、年額12万円給付の「学生生活支援奨学金」と、入学試験A方式の各学部成績上位入学者に限り年額授業料相当額を給付する「入学時特別奨学金(A方式入試)」。いずれも2018年からは廃止する。

 法政大学は、廃止する給付型奨学金にかわり、「新・法政大学100周年記念奨学金」の採用者数を増加する。年額は文系20万円、理工系25万円。

 法政大学への入学を希望する受験生向けの給付型奨学金はこれまで「入学時特別奨学金(A方式入試)」が設定されていたが、今後は同奨学金を廃止し、「チャレンジ法政奨学金(入試出願前予約採用型給付奨学金)」の採用候補者人数を増加する。

 「チャレンジ法政奨学金」は、入試出願前に採用が決定(内定)し、入学後に給付が開始される奨学金制度。学業成績が優秀な東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県以外の国内出身である受験生に対し、経済的支援を行うことを目的に設置している。

 なお、「チャレンジ法政奨学金」は申請条件も変更予定。具体的には、高等学校等における評定平均値を「4.1以上」から「3.8以上」へ変更する。採用候補者数は100名から200名に増加予定。さらに、大学入学後の継続審査における成績基準も緩和するとしている。

 「チャレンジ法政奨学金」の年額は、文系学部が入学時に年額38万円、2年次以降は年額20万円。理工系学部は入学時に年額43万円、2年次以降は年額25万円。応募は11月6日から12月4日まで。詳細はWebサイトで確認できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)