フレーベル館、東京都内で認可保育所開園

教育・受験 未就学児

フレーベル西が丘みらい園(仮称)
  • フレーベル西が丘みらい園(仮称)
  • フレーベル館
 フレーベル館は、グループ会社の凸版印刷から施設提供を受け、東京都北区赤羽西に認可保育所「フレーベル西が丘みらい園(仮称)」を2018年4月に開園する。フレーベル館の幼児教育に関するノウハウや、凸版印刷の教育ICTのノウハウを生かす。

 フレーベル西が丘みらい園(仮称)は、ドイツの教育学者フリードリッヒ・フレーベル氏の教育理念を原点に「ひとりひとりが大切にされる園」を保育理念とする。都市部でありながらも自然に触れられる環境の中で、子どもの力を信じ、丁寧なまなざしをもって子どもにかかわる保育を実践するという。また、保護者と一緒に子どもの育ちに向き合い、地域の子育て支援にも力を入れ、人と人がつながり、支え合い、ともに育てる場を目指す。

 施設は、屋上庭園を含む地上3階建ての鉄骨造り、敷地面積は440平方メートル、延べ床面積は590.21平方メートル。定員は60名(0歳児3名、1・2歳児各6名、3~5歳児各15名)。運営主体はフレーベル館で、保育士は延長1名と常勤保育士11名などを予定している。開園時間は午前7時15分~午後7時15分。開設準備から運営の一部を小学館集英社プロダクションの支援を受け、安心・安全な運営を実現するという。

 フレーベル西が丘みらい園(仮称)では、凸版印刷の企画・開発力、教育に関するICTのノウハウなど、トッパングループの総合力を生かしたさまざまなプログラムを展開。現場のニーズに合った新商品・サービスやフレーベル館独自の保育プログラム、運営ノウハウなどを全国の保育施設へ広く提供し、保育の質の向上に貢献していくとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)