ZEホールディングスとすららネットが業務提携、コンテンツ共同開発へ

教育ICT 小学生

ZEホールディングス
  • ZEホールディングス
  • すららネット
  • 栄光ゼミナール授業風景イメージ
  • すらら学習風景
 栄光グループのZEホールディングスとすららネットは、業務提携に関する契約を8月25日に締結した。相互のリソースを活用し、栄光グループの学習塾におけるデジタル教材「すらら」活用や、コンテンツの共同開発などの取組みを行うという。

 ZEホールディングスは増進会出版社のグループ企業で、さまざまな教育サービス事業を行っている。関係会社には学習塾「栄光ゼミナール」を運営する栄光、学習塾や学校法人、教育委員会などの教育機関向けの教材販売とコンサルテーション事業を行うエデュケーショナルネットワークなどがある。

 すららネットはデジタル教材「自立学習応援プログラムすらら」を開発し、関連する教材の研究・企画・開発・販売を行っている。

 両社は互いの理念「最高の教育で、未来をひらく。」「教育に変革を、子どもたちに生きる力を。」のもと、より多くの児童・生徒の学びに貢献するため、相互のリソースを活用する。

 具体的には、「栄光グループの学習塾ですららネットのサービスを提供する」「すららネットのデジタル教材などのコンテンツを共同開発する」「学習塾、学校法人、教育委員会など、双方の法人顧客を対象に双方の商品・サービスを相互販売、共同販売する」「栄光グループの海外拠点や海外提携先において、すららネットのサービスを用いた商品を提供する」ほか、新規事業を手掛ける。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)