【センター試験2018】出願受付9/26開始、10/6まで

教育・受験 高校生

平成29年度(2017年度)センター試験会場のようす 撮影:リセマム編集部
  • 平成29年度(2017年度)センター試験会場のようす 撮影:リセマム編集部
  • 平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の時間割
  • 平成30年度(2018年度) センター試験利用大学情報
  • 平成30年度(2018年度)最新 大学入試センター試験利用大学・短期大学数
 9月26日、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の出願受付が始まった。郵送により10月6日まで受け付ける。センター試験実施日は平成30年1月13日(土)および14日(日)。参加大学数は、3月31日時点で848大学を予定している。

 センター試験は、出願期間が9月26日~10月6日(消印有効)、本試験が平成30年1月13日(土)および14日(日)、追試験・再試験が1月20日(土)および21日(日)に実施。得点調整の実施有無の発表が1月19日(金)、平均点などの中間発表が1月17日(水)、最終発表が2月1日(木)を予定している。

 出願方法について、高校または中等教育学校卒業見込者は、志願票に検定料受付証明書を添えて、在学する学校の校長を経由して大学入試センターに郵送により提出する。それ以外の者は、志願票に検定料受付証明書および出願資格を証明する書類を添えて、直接、大学入試センターに郵送する。出願が受理された後、10月下旬に確認はがきが送付される。

 検定料は、3教科以上受験が1万8,000円、2教科以下受験が1万2,000円。検定料の払込み期間は、9月1日~10月6日。成績通知を希望する場合、成績通知手数料800円を出願時に検定料とあわせて支払う。なお、成績通知は平成30年4月16日以降となる。

 平成30年度の大学入試センター試験利用大学・短期大学数は、3月31日時点の予定数が848大学。内訳は、国立大学が82校、公立大学が87校、私立大学が525校、公立短期大学が15校、私立短期大学が139校。確定参加大学数は、例年12月中旬発表の確定志願者数と同時に発表される見込み。

 大学入試センターのWebサイトでは、大学入試センター試験に参加する大学・短期大学の一覧を掲載。所在地や国公私立別に検索ができ、各大学のセンター試験利用入試に関する情報を確認できる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)