藤枝市とソフトバンク、登下校お知らせサービス実証実験開始

教育ICT 小学生

「藤枝市小1児童登下校お知らせサービス実証実験」イメージ図
  • 「藤枝市小1児童登下校お知らせサービス実証実験」イメージ図
  • 静岡県藤枝市
 静岡県藤枝市とソフトバンクは10月16日、「藤枝市小1児童登下校お知らせサービス実証実験」を市内の一部小学校で開始した。LPWAとBLE、IoTを活用することにより省電力で広域な通信が可能となる。2018年1月より市立小学校全17校に拡大する予定。

 藤枝市とソフトバンクは、2016年6月1日に両者の資源を有効に活用した協働により地方創生を実現し、持続的な地域の発展に貢献することを目的に、包括連携協定を締結した。包括連携協定に基づき、ソフトバンクが市内に敷設したLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを活用し、藤枝市小1児童登下校お知らせサービス実証実験を藤枝市立青島小学校で10月16日より先行開始する。

 藤枝市小1児童登下校お知らせサービス実証実験は、ソフトバンクが静岡県藤枝市内に敷設したLPWAゲートウェイと、市内の小学校の昇降口付近に設置したBLE(Bluetooth Low Energy)ゲートウェイを活用するもの。小学1年生に配布した端末がGPSによる位置情報や昇降口の通過情報を検知して、保護者のスマートフォンなどのブラウザーアプリ上に位置を表示したり、保護者へ通知したりする。児童の端末のボタンを押すと、事前に登録されたメールアドレス宛にお知らせが届く機能も搭載している。

 従来の同様のサービスは、3Gや4Gなどの通信ネットワークを利用することが多く、通信トラフィックや電池に対する負担が大きいという課題があった。今回の実証実験は、LPWAネットワークと、ピンポイントでリアルタイムな測位を得意とするBLEネットワーク、ソフトバンクのIoTプラットフォームを活用することにより、より省電力で広域な通信が可能となる。

 藤枝市は、2018年1月より市立小学校全17校に拡大する予定。ソフトバンクは、今後も藤枝市とのIoT分野の連携を強化し、LPWAネットワークを活用したさまざまなサービス開発・実証に取り組んでいくとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)