【センター試験2018】(1日目1/13)センター国語「真面目化」の声…小説に井上荒野

 午前9時半よりスタートしている、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験。午後2時20分には「国語」試験が終了した。例年注目される出題は、どのようなものだったろうか。

教育・受験 高校生
平成30年度大学入試センター試験1日目。写真は一橋大学国立キャンパス・西キャンパス内で試験室へ向かう受験生のようす
  • 平成30年度大学入試センター試験1日目。写真は一橋大学国立キャンパス・西キャンパス内で試験室へ向かう受験生のようす
 午前9時半より第1日がスタートしている、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験。午後2時20分には「国語」試験が終了した。今年は「地理歴史・公民」の「地理B」の一部にムーミンが登場したことがSNS上で話題になっている。出題内容は例年、受験生だけでなく一般にも広く注目されるテーマだ。

 特に「国語」は小説や評論を扱うとあり、ここ数年は予想外の作品やフレーズが扱われる傾向が続いていることから、国語試験の開始前はTwitter上に「今年は何をしてくれるか」「何が出るか楽しみ」「受験生がんばれ」など、期待のコメントが溢れた。

 試験後と思われる受験生からのTwitterつぶやきを見ると、国語の現代文では井上荒野(いのうえあれの)による「キュウリいろいろ」の一節から出題があった。35年前に息子を亡くし、夫も亡くした主人公「郁子」が、はじめてひとりでお盆を迎える場面をもとに出題がなされた。

 受験生は「あなたは逃げるつもりなのね?」というフレーズやそもそもの作品名である「キュウリいろいろ」に反応しながらも、「難しかった」「急に真面目化した」などの感想を投稿している。近年はサブカルチャーを扱った現代文や、刺激的な登場人物の登場が続いていたことから、今年も奇抜な問題はないかと期待していた者にとっては多少、意外だったようだ。

 井上荒野は、昭和36年東京都生まれの作家。成蹊大学文学部英文学科卒。「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞を受賞。父は作家の井上光晴。「切羽へ」で第139回直木賞を受賞している。「キュウリいろいろ」は、長編「キャベツ炒めに捧ぐ」に収録されている章のひとつ。「キュウリいろいろ」のほか、同作の章タイトルは「新米」「あさりフライ」「豆ごはん」「トウモロコシ」など。試験終了後、SNSで出題が話題になっていることを受け、井上氏はTwitterアカウントで受験生に向けたつぶやきを投稿している。

 平成30年度(2018年度)大学入試センター試験はこのあと、午後3時15分から「外国語」試験のうち、筆記試験を実施する。午後5時10分からの英語リスニング試験をもって、1日目の試験はすべて終了する予定。

※編集部注:初出時、「キュウリいろいろ」を短編集内の1小説としていましたが、正しくは長編「キャベツ炒めに捧ぐ」の章タイトルの一部です。訂正し、お詫び申し上げます。(2018年1月14日訂正)
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)