【センター試験2018】(1日目1/13)国語の分析スタート…小説出題の井上荒野氏ツイート

教育・受験 高校生

センター試験2018 東進「東進ドットコム」
  • センター試験2018 東進「東進ドットコム」
  • センター試験2018 ベネッセ・駿台「データネット2018」
 東進ドットコムやベネッセ・駿台は、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験1日目の午後1時から2時20分に試験が行われた「国語」の問題分析を開始した。

 大問数、設問数、マーク数については昨年から「変化なし」で、解答数は36問。第1問の評論には有元典文・岡部大介「デザインド・リアリティ-集合的達成の心理学」、第2問の小説には、井上荒野(いのうえあれの)の「キャベツ炒めに捧ぐ」より「キュウリいろいろ」が出題された。

 井上荒野氏は早速、自身のtwitterにコメントを出している。



 毎年、出題内容が話題となる国語だが、SNS上の受験生のコメントによると、ネタとしての大きな話題はなかった模様だ。

 東進ドットコム、ベネッセ・駿台のほか、代々木ゼミナールや河合塾も問題分析を行っている。13日はこのあと外国語の試験が行われ、予定通り試験が実施されている会場では18時10分に1日目の試験が終了となる。

※編集部注:初出時、「キュウリいろいろ」を短編集内の1小説としていましたが、正しくは長編「キャベツ炒めに捧ぐ」の章タイトルの一部です。訂正し、お詫び申し上げます。(2018年1月14日訂正)
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)