小学生の親の36.3%「学校行事が多い」

 小学生の保護者の36.3%は、学校行事の頻度が多いと感じており、学校行事に参加する理由は、「子どもの成長が見たいため」がもっとも回答者が多かったことが、明光義塾の調査結果より明らかになった。

教育・受験 小学生
年間を通して学校行事の頻度は適正だと思うか
  • 年間を通して学校行事の頻度は適正だと思うか
  • 子どもの学校行事に参加する理由
  • 参加したいと思う子どもの学校行事
 小学生の保護者の36.3%は、学校行事の頻度が多いと感じており、学校行事に参加する理由は、「子どもの成長が見たいため」がもっとも回答者が多かったことが、明光義塾の調査結果より明らかになった。

 子どもの学校行事に関する意識調査は、小学生の子どもを持つ全国の保護者を対象に実施し、小学1~4年生の子どもの保護者300名と小学5~6年生の子どもの保護者300名の計600名の有効回答を得た。調査期間は2018年1月9日~1月12日。

 年間を通じて学校行事の頻度は適正だと思うか聞いたところ、「とても多いと思う」12.0%、「どちらかというと多いと思う」24.3%と計36.3%が多いと感じていた。一方、「適正だと思う」58.2%、「どちらかというと少ないと思う」3.8%、「少ないと思う」1.7%だった。

 子どもの学校行事に参加する理由は、「子どもの成長が見たいため」が70.8%ともっとも多く、「子どもの学校生活のようすを確認するため」69.5%、「担任や学校関係者とのコミュニケーションのため」27.7%、「子どもの学習レベルを確認するため」24.3%、「保護者同士のコミュニケーションのため」14.5%などが続いた。自由回答では、「ふだん学校でどのように生活しているのか気になるのでなるべく参加しています」(小学校5年生の保護者・男性)や、「学校での普段のようすがわかるから。クラスの雰囲気がわかるから」(小学校3年生の保護者・女性)などの意見が寄せられた。

 参加したいと思う学校行事は、「卒業式」が84.5%ともっとも多く、「運動会」83.0%、「入学式」80.3%、「授業参観日」71.0%、「学芸会・音楽会」62.7%、「2分の1成人式」29.5%などが続いた。一方、「参加したいと思わない」は5.0%だった。

 参加してよかったと思う学校行事について寄せられた自由回答では、「運動会は感動。高学年になれば役割も多く成長を感じられた」(小学校6年生の保護者・女性)や、「1年生の時の給食試食会に参加したときは、子どもたちの給食の準備から見ることができよかった」(小学校4年生の保護者・女性)などの意見が寄せられた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)