パパの平日育児時間「1時間未満」が約8割、休日は?

生活・健康 保護者

家事・育児に関わる時間(数値は平日・休日の家事・育児の全体を表示)
  • 家事・育児に関わる時間(数値は平日・休日の家事・育児の全体を表示)
  • 家事・育児を楽しんでいるか
  • 家事・育児を楽しんでいるか(終業時間別・小学校低学年以下の子どもがいる層)
  • 家事・育児で困っている・悩んでいること(小学校低学年以下の子どもがいる層)
  • 配偶者と話す内容
 ドゥ・ハウスがパパの家事・育児への関与を調査したところ、平日の育児は「1時間未満」36.8%が最多であることが明らかになった。小学校低学年以下の子どもがいる層では、休日の育児「3~4時間程度」が約3割、「10時間以上」も1割を超えた。

 調査は、全国に住む20歳以上の既婚男性で子どもがいる人を対象に実施したもの。ドゥ・ハウスが運営するインターネットリサーチサービス「myアンケートlight」を使って、Webアンケートを行った。有効回答は914人。調査期間は2018年1月25日~30日。

 パパの家事・育児への関与について、平日の家事は「1時間未満」45.1%、平日の育児も「1時間未満」36.8%がもっとも多く、家事も育児も「まったく関わらない・関われない」が続いた。休日の家事は「1時間未満」37.7%、休日の育児は「まったく関わらない・関われない」28.6%が最多であったが、小学校低学年以下の子どもがいる層に限ると、休日の育児は「3~4時間程度」28.8%がもっとも多く、「10時間以上」という回答も10.4%あった。

 家事・育児を「楽しんでいる」「まあ楽しんでいる」と回答したのは家事55.8%、育児69.3%。小学校低学年以下の子どもがいる層は家事や育児を楽しんでいる割合が多く、家事は58.9%、育児は82.9%が「楽しんでいる」「まあ楽しんでいる」と回答した。

 小学校低学年以下の子どもがいる層に限って仕事の終業時間との関係を見ると、終業が早いほど楽しく家事や育児を行っていることがわかった。また、家事・育児に関する悩みを聞いた質問では、「残業20時以降まで」と回答した層で「子どもとの時間が持てない」が約3割、「子どもが『ママのほうがいい』と言うこと」がほかの属性よりも高かった。「残業20時頃まで」と回答した層では、「家事・育児で自分の時間がもてない」「子育ての考え方について配偶者とズレがある、意見が合わない」がほかの属性よりも高かった。

 夫婦の会話の内容は、「子どものようす、健康、しつけなど子ども本人のこと」55.6%がもっとも多く、ついで「テレビの内容など雑談」49.0%、「家族旅行やレジャーに関すること」44.4%だった。小学校低学年以下の子どもがいる層では、「子どもの保育園や学校行事など子ども周りの環境のこと」が56.5%と、小学校高学年の子どもがいる層の29.8%を26.7ポイント上回った。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)