【中学受験の塾選び】SAPIX・日能研・四谷・早稲アカの帰国生対応(2018年度版)

教育・受験 小学生

画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • SAPIX国際教育センター
  • 日能研グローバル・サービス(NGS)
  • 四谷大塚NET海外会員
  • 早稲田アカデミー「海外・帰国生向けサービス」
  • ena国際部
 中学受験において一般入試とは別に設定されている「帰国生入試」。帰国生入試は受験の要件や入試科目、日程などが一般入試とは異なり、情報収集や対策が必要となる。大手人気塾では帰国生向けにどんな指導や対策をしているのか見ていこう。

サピックス小学部



 サピックス(SAPIX)小学部は、一般入試に合格する学力を身に付けるため、特別な対策はしていない。帰国生対象の入試情報などは、「帰国生保護者対象の説明会」を秋に開催するほか、帰国生の不安な点には随時、相談に応じている。また、SAPIX国際教育センターでは、海外セミナーなどを通じて情報提供するとともに、日本国内で英語対策講座を実施している。

日能研



 日能研は、帰国生向けの保護者会や、帰国生向けの相談会などを実施している。指導に関しては基本、通常の授業で対応できるため、特別な対応はしていない。また、帰国生向け中学受験・中高一貫校情報のWebサイト「日能研グローバル・サービス(NGS)」では、帰国生の入試情報やQ&A、日能研が国内外で実施するイベント情報を掲載している。

四谷大塚



 四谷大塚は、相談に応じて個別に対応している。また、海外でも国内と同様の学習環境で四谷大塚の授業・テストが受けられる「四谷大塚NET海外会員」サービスを提供している。

早稲田アカデミー



 早稲田アカデミーは、各校舎に入塾して学習するほかに、志望校対策英語講座や入試直前対策講座、出願ガイダンスなど、帰国生に向けた授業やサービスを用意している。

 「志望校対策英語講座」では、帰国生の英語入試をサポート。筆記試験だけでなく、リスニングやエッセイ、面接対策も行う。小学6年生向けには、「慶應湘南藤沢中等部クラス」「渋渋・渋幕中クラス」がある。

 「入試直前対策講座」は、首都圏難関校志望者向け対策講座として開講。少人数制の授業体制で、エキスパート講師が授業を行う。授業外の時間には面接練習や作文添削も無料で実施しており、自習室も開放している。

 「帰国生入試 出願ガイダンス」は、早稲田アカデミー帰国生入試責任者による、出願や志望校確定についてのガイダンス。早稲田アカデミーに通塾していなくても参加できる無料説明会を開催している。

 「帰国生入試報告会」は、帰国生入試を考えている保護者を対象に、入試の傾向や対策について伝える。また、無料英語テスト(帰国生英語プレップテスト)も同時開催する。

帰国生の塾選びポイント


(中学受験専門個別指導SS-1副代表 馬屋原吉博先生)

 ena国際部は、帰国入試専用コースを常設している。説明会などでとても役に立つ情報を提供しており、持っている情報量は多い印象を受ける。

 SAPIXは国際教育センターを設置しており、特定の時期に講座が開催されている。

 早稲田アカデミーは、帰国生入試対策のほか、早稲田アカデミーIBS(Integrated Bilingual School)で英語教育に力を入れており、英語4技能など、今後の大学入試につながる教育を打ち出している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)