なぞって調べて、発音も…シャープのペン型辞書「ナゾル2」

教育・受験 その他

ペン型スキャナー辞書「ナゾル2」<BN-NZ2E(上:英語モデル)/BN-NZ2C(下:中国語モデル)>
  • ペン型スキャナー辞書「ナゾル2」<BN-NZ2E(上:英語モデル)/BN-NZ2C(下:中国語モデル)>
  • 安定してなぞりやすい形状(紙面に垂直に接地)
  • ペン型スキャナー辞書「ナゾル2」 BN-NZ2E(英語モデル)
  • ペン型スキャナー辞書「ナゾル2」 BN-NZ2C(中国語モデル)
  • ペン型スキャナー辞書「ナゾル2」 仕様
 シャープは2018年4月19日、なぞるだけでわからない言葉の意味を調べられるペン型スキャナー辞書「ナゾル」の新機種「ナゾル2」を発売する。機種は英語モデル「BN-NZ2E」と中国語モデル「BN-NZ2C」の2種類。読上げ機能の新搭載により、発音も同時に調べることができる。

 「ナゾル」はシャープが2016年11月に発売したペン型スキャナー辞書。先端のスキャナーで文字をなぞって読み取ると、スキャンした言葉および単語の意味が本体画面に表示され、その場で用例や意味、熟語などを調べることができる。「英和」「国語」モデルの発売後、2017年7月には「和英」モデルを追加。2018年4月にはさらに、音声読上げ機能を搭載した「ナゾル2」を発売する。対応モデルは「英語(英和/和英)」および「中国語(中日/日中)」。

 文字をなぞって2秒で言葉の意味を調べることができる機能はそのままに、「ナゾル2」には発音を確認できる音声機能を搭載した。言葉の意味を調べながら、その場で発音も確認できる。発音機能に加えて、最大100件まで登録できる機能「単語帳学習機能」を使えば、単語の意味を表示しながら発音も繰返し確認できる。

 より正確かつ簡単になぞれるよう、本体デザインにも変更を施した。「ナゾル」では斜めだったスキャナー部分を「ナゾル2」では垂直にし、安定してなぞりやすい形状に工夫。電源はおもに乾電池だが、デスクで落ち着いた状態で学習する際は電池の消耗を抑えながら学習できるよう、microUSBによる給電も可能にした。

 希望販売価格はオープンだが、想定小売価格は中国語モデルが18,000円、英語モデルが16,000円(いずれも税別)。

ペン型スキャナー辞書「ナゾル2」 仕様
画像:ペン型スキャナー辞書「ナゾル2」仕様
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)