小中学生が就きたい仕事、2位に男女とも「医師」

 小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」、女子が「パティシエ」であることが2018年3月26日、アデコの調査結果から明らかになった。「パティシエ」は4年連続の1位。男子は3年ぶりに「野球選手」がトップ3に入った。

生活・健康 小学生
小中学生の「将来就きたい仕事」ランキング(男子)
  • 小中学生の「将来就きたい仕事」ランキング(男子)
  • 小中学生の「将来就きたい仕事」ランキング(女子)
  • 「好きな教科」「嫌いな教科」ランキング
 小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」、女子が「パティシエ」であることが2018年3月26日、アデコの調査結果から明らかになった。「パティシエ」は4年連続の1位。男子は3年ぶりに「野球選手」がトップ3に入った。

 「将来就きたい仕事」に関する調査は、総合人事・人材サービスを展開するアデコが2014年から実施している。5回目となる今回は2017年11月、日本全国の小中学生(6~15歳)の男女1,000人を対象にインターネットで調査した。

  小中学生が就きたい仕事は、男子の1位に前年2位の「サッカー選手」が浮上。2位には、前年3位の「医者」がランクアップした。3位には、3年ぶりのトップ3となる「野球選手」と前年ランク外の「警察官・刑事」が入った。前年1位の「会社員(サラリーマン・OL)」は7位だった。

 女子は、4年連続で1位に「パティシエ(お菓子職人)」が選ばれた。2位「医者」7.4%に対し、「パティシエ」は14.4%と2倍の差をつけ、圧倒的な人気を示している。3位には、前年5位の「先生(大学・高校・中学校・小学校、幼稚園など)」がランクアップした。6位の「警察官・刑事」は、2014年の調査開始以来、初めてのトップ10入りとなった。

 アデコによると、「医者」は調査開始以来、男女とも常にトップ10に入りしており、安定して人気がある。今回の調査でも男女とも2位に入っている。

 このほか、「好きな教科」には1位「算数・数学」24.1%、2位「体育・保健体育」11.6%、3位「国語」11.5%が選ばれた。「算数・数学」は、「嫌いな教科」でも20.9%で1位にランクイン。2位「国語」15.6%、3位「体育・保健体育」8.2%と、「好きな教科」と「嫌いな教科」のトップ3は同じ顔ぶれとなった。

◆小中学生の「将来就きたい仕事」ランキング
<男子>
1位 サッカー選手
2位 医者
3位 野球選手
3位 警察官・刑事
5位 公務員
6位 先生(大学・高校・中学校・小学校、幼稚園など)
7位 会社員(サラリーマン・OL) 
8位 学者・研究者
8位 ゲームクリエイター
10位 パイロット
10位 エンジニア・プログラマー

<女子>
1位 パティシエ(お菓子職人)
2位 医者
3位 先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)
4位 看護師
5位 公務員
6位 警察官・刑事
7位 学者・研究者
7位 服飾デザイナー
9位 野球選手
9位 俳優・女優
9位 会社員(サラリーマン・OL)

<好きな教科>
1位 算数・数学
2位 体育・保健体育
3位 国語
4位 図画工作・美術
5位 社会
6位 音楽
7位 理科
8位 外国語
9位 技術・家庭
10位 生活

<嫌いな教科>
1位 算数・数学
2位 国語
3位 体育・保健体育
4位 外国語
5位 理科
6位 社会
7位 図画工作・美術
8位 音楽
9位 技術・家庭
10位 道徳
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)