ドリームエリア×NTT Com、子どもの危険を防ぐ「みもり」

 ドリームエリアは2018年4月下旬、NTTコミュニケーションズのモバイル通信サービス「100円SIM」と、クラウド基盤「Enterprise Cloud」からなるIoTネットワーク基盤を活用した児童見守りサービス「みもり」の提供を開始する。

デジタル生活 保護者
児童見守りサービス「みもり」
  • 児童見守りサービス「みもり」
  • サービス構成イメージ
 ドリームエリアは2018年4月下旬、NTTコミュニケーションズのモバイル通信サービス「100円SIM」と、クラウド基盤「Enterprise Cloud」からなるIoTネットワーク基盤を活用した児童見守りサービス「みもり」の提供を開始する。

 「みもり」は、GPSなどの位置情報により危険を未然に防ぐ児童見守りサービス。保護者はスマートフォンに専用アプリをインストールし、子どもに見守り専用デバイス「みもりGPS」を持たせることで、子どもの行動を見守ることができる。

 サービスの開始にあたり、NTTコミュニケーションズがモバイル通信サービス「100円SIM」と、クラウド基盤「Enterprise Cloud」からなるIoTネットワーク基盤をドリームエリアに提供した。

 危険な場所に関する情報は、ドリームエリアが持つ地域の口コミ情報を活用。子どもが危険な場所に侵入すると「みもりGPS」が警告メッセージを自動で鳴らし子どもへの注意を促す。さらに、AIを活用して子どもひとりひとりの行動パターンを分析。いつもと違うルートを通っている、子どもの徒歩速度ではないなど、普段と異なる移動が検知された場合は、保護者に通知される。

 Bluetoothによる通信機能も搭載されており、子どもと保護者が10メートル前後離れたときに、保護者にアラートを送信することもできる。また、子どもがいる場所の近くにある避難所の位置を保護者がスマートフォンから地図で確認でき、防災対策にも役立てることができる。

 「みもり」は4月下旬発売予定。初期費用8,800円、月額680円(いずれも税別)。初期費用には「みもりGPS本体(一括購入)」と事務手数料が、月額費用には通信費用とアプリ利用費用が含まれる。製品は、発売後に「みもり」アプリ内より購入できる。ニュースメールに登録すると、「みもり」の最新情報や購入方法などのお知らせを受け取ることができる。

 ドリームエリアは今後、保育園や幼稚園、小中学校などに「みもり」を提供し、2021年度までに18万台以上の販売を目指している。ドリームエリアとNTTコミュニケーションズは、安心安全なIoT社会を実現するサービス開発を共同で進めていくとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)