Skyの学習活動ソフト、2018年度版を6月発売

教育ICT 先生

SKYMENU Class 2018
  • SKYMENU Class 2018
  • SKYMENU Pro 2018
  • プログラミング機能
  • グルーピング機能
  • みんなの作品機能
 Skyは2018年6月、タブレット端末に対応した学習活動ソフト「SKYMENU Class 2018」と、コンピューター教室での学習活動をサポートする学習活動ソフト「SKYMENU Pro 2018」を発売する。いずれも価格はオープン。

 新学習指導要領は「主体的・対話的で深い学び」の実現に向け、児童生徒の力を育むことを目指している。また、情報活用能力を学習の基盤となる資質能力の1つとして育成していくことを求めている。

 新発売する2種のソフトは、新学習指導要領に対応。プログラミング的思考の育成に役立つ機能を追加し、学習活動で使える「思考ツール」を充実させた。

 テーマから連想される言葉でカードを作り、それらをグループ分けすることで子どもたちの考えを視覚化する「グルーピング」や、作品を並べて意見を出し合い、気付きを共有する「みんなの作品」、ドラッグ&ドロップ操作だけでフローチャートが作成できる「プログラミング」といった機能を備え、子どもたちが試行錯誤しながら考えを深めていく学習活動をサポートする。

 さらに、SKYMENU Class 2018とSKYMENU Pro 2018は、同じ校内サーバーでの運用が可能。あわせて利用することで、ユーザー管理や個人フォルダなどを一元化できる。

 SKYMENU Class 2018は、タブレット端末の活用パターンに合わせて利用できるよう、先生が活用する機能(LT版)、グループでの学習活動で活用する機能(ST版)、学習者ひとりひとりの学習活動で活用する機能(SR版)が用意されている。

 価格はいずれもオープン。全国の文教関係メーカーおよび販売代理店を通して、おもに小学校、中学校、高校、大学などに販売する。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)