スタディプラス、5億円調達…新規2事業に投入

 スタディプラスは、Spiral Ventures JapanおよびDBJキャピタルが運営するファンド、アイ・マーキュリーキャピタルを引受先とする第三者割当増資により、2018年4月26日に総額約5億円の資金調達を実施した。

教育業界ニュース 教育ICT
スタディプラス
  • スタディプラス
  • 学習管理SNS「Studyplus for school」
 学習管理SNS「Studyplus」や教育事業者向け学習進捗管理ツール「Studyplus for School」を提供するスタディプラスは、Spiral Ventures JapanおよびDBJキャピタルが運営するファンド、アイ・マーキュリーキャピタルを引受先とする第三者割当増資により、2018年4月26日に総額約5億円の資金調達を実施した。

 「Studyplus」は、日々の勉強時間や達成度を記録することで、学習状況を可視化できる無料アプリ。勉強する仲間を見つけ、日々の勉強のログを仲間と共有することで、勉強の習慣化を促進する。利用者数は、2018年5月現在で累計300万人を超える。

 「Studyplus for School」は、教育事業者が生徒のサポートに活用できるサービス。「Studyplus」に記録した勉強の進捗度合いや蓄積された勉強のログを分析することにより、生徒の学習サポートのクオリティ向上や密できめ細やかなコミュニケーションが可能となる。先生と生徒をつなぐ学習管理ツールとして、全国の学習塾・予備校200校以上で導入されている。

 スタディプラスの調達資金は、新しい学習のあり方を見据えた、学習プラットフォームとしての「Studyplus」のリニューアル開発に充当。そのほか、学習量・習熟度を網羅した学習ビッグデータを活用した学習者へのレコメンデーション機能実装のための体制強化・研究開発などに充当するという。
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)