富士通「妊娠期・子育て支援サービス」発売、自治体や医療機関と連携

教育業界ニュース 教材・サービス

富士通「妊娠期・子育て支援サービス」
  • 富士通「妊娠期・子育て支援サービス」
  • 「妊娠期・子育て支援サービス」の概要
  • 「妊娠期・子育て支援サービス」の価格・提供時期など
 富士通は2018年5月11日、自治体や医療機関向けに「FUJITSU IoT Solution子育て支援ソリューション 妊娠期・子育て支援サービス」を発売する。妊娠期を迎えた妊産婦や子育て世帯のケアなど、自治体や医療機関との連携により子育ての取組みを支援する。

 富士通の「妊娠期・子育て支援サービス」は、奈良県立医科大学が中心となって設立したMBTコンソーシアムの活動の一環として商品化したもの。商品化にあたっては、富士通と奈良県立医科大学が2017年10月より約4か月間、共同実証を実施している。

 サービスの特徴は、看護師や助産師、保健師などが24時間365日常駐する富士通グループのコールセンターが、自治体や医療機関の窓口業務を代行すること。自治体側はサービスを活用することで、窓口の設置や運営に要する工数の削減、業務の効率化を図ることが可能。妊娠期における妊産婦と家族が抱える心配や不安を軽減する自治体や医療機関の取組みを支援する。

 また、「情報共有サービス」のオプションサービスを利用すると、コールセンターに蓄積された相談内容や対応状況のデータをクラウド経由で各機関の業務システムと連携させることが可能。子育て世代包括支援センターや保健所、児童相談所、病院など多数の機関による包括的なケアを支援する。

 なお、価格は基本サービス・オプションサービスともに個別に見積もる。問合せは富士通のIoTソリューション問合せ窓口(旧:ユビキタスウェアサポート窓口)まで。2018年5月17日~18日に東京国際フォーラムで開催される「富士通フォーラム2018」に出展するという。

◆FUJITSU IoT Solution子育て支援ソリューション 妊娠期・子育て支援サービス
発売日:2018年5月11日(金)
販売価格:個別見積り
サービス名:
・妊娠期・子育て支援 基本サービス
・妊娠期・子育て支援 オプションサービス(メール・チャット対応)
・妊娠期・子育て支援 オプションサービス(情報共有サービス)
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)