すらら、東京書籍の社会・理科動画コンテンツを追加…7月から

 すららネットは2018年7月、学校・塾向けのクラウド型学習システム「すらら」の新オプションサービスとして、東京書籍が提供する「小・中学校douga pocket ver.社会・理科(douga pocket)」の提供をスタートする。

教育ICT 小学生
東京書籍  douga pocket
  • 東京書籍  douga pocket
  • すららネット
 すららネットは2018年7月、学校・塾向けのクラウド型学習システム「すらら」の新オプションサービスとして、東京書籍が提供する「小・中学校douga pocket ver.社会・理科(douga pocket)」の提供をスタートする。

 クラウド型学習システム「すらら」はこれまで、学校向けサービスとして英語、国語、数学の教材と、オリジナル開発によるTOEIC対策「everyday TOEICRL&R TEST」のほか、旺文社の英単語コンテンツ「英単語マスターへの道」、4Communication Co.,Inc.によるSkype英会話コンテンツ「おしゃべリンガ」を提供してきた。

 2018年7月からはさらに、この提供サービスラインアップに東京書籍による「douga pocket」が加わる。小中学校向けの社会および理科コンテンツが追加されることで、すららネットは「さらにユーザーの要望に応えていく」としている。

 「douga pocket」はWindows、iOS、Androidの各種OSに対応するデジタル教材。パソコンだけでなく、タブレットPCやスマートフォンなどにも対応しているので、いつでもどこでも好きなときに学習を進めることができる。全国の公立高校の入試問題を精査していることから、「ver.中学社会・理科」は出題される項目をほぼすべて網羅しているという。

 教科書に準拠した教材であることから、授業と連動させた利用にも適している。先生用管理Webサイト「douga pocket manager」とあわせて利用すれば、児童生徒ひとりひとりの学習履歴管理も可能だ。

 料金は、すららネットが独自に設定して提供する予定。なお、東京書籍のWebサイトでは、「douga pocket」の無料サンプルをダウンロードできる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)