【大学受験2019】慶應「学問のすゝめ奨学金」改定、採用人数・支給額増へ

 慶應義塾大学は2018年7月2日、地方出身者を対象とした入学前予約型「学問のすゝめ奨学金」の2019年度募集要項を公開した。さらに多くの優秀で多様な学生に入学を志してもらえるよう、受給候補者採用予定人数を550名以上へと変更。そのほか、入学初年度の給付額も増額する。

教育・受験 高校生
慶應義塾大学「学問のすゝめ奨学金」
  • 慶應義塾大学「学問のすゝめ奨学金」
  • 慶應義塾大学「学問のすゝめ奨学金」2019年度入学者対象 申請受付期間と前年度からの変更点
 慶應義塾大学は2018年7月2日、地方出身者を対象とした入学前予約型「学問のすゝめ奨学金」の2019年度募集要項を公開した。さらに多くの優秀で多様な学生に入学を志してもらえるよう、受給候補者採用予定人数を550名以上へと変更。そのほか、入学初年度の給付額も増額する。

 「学問のすゝめ奨学金」は、慶應義塾大学の学部第1学年に入学を強く希望する首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外の高等学校出身者が対象。人物および学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的な理由により慶應義塾大学への入学が困難となっている受験生に対し、経済支援を行うもので、奨学金の返済義務はない。一般入学試験出願前に決定された奨学生候補が入学試験に合格し、入学手続き後に所定の手続きを行うことで正式に採用される。

 2019年度入学者対象の募集では、さらに多くの優秀で多様な学生に入学を志してもらえるよう、受給候補者採用予定人数を前年度の500名から550名以上へと変更。また、転居費用などの経済的な負担を考慮し、入学初年度の給付額に入学金相当額(20万円)を加算して給付する。これにより、奨学金額は年額80万円(薬学部は100万円・医学部は110万円)に増額。

 入学2年目以降の給付額についても、前年度までの成績に基づく審査にて成績優秀と認められた者には、当該年度の奨学金を増額する。金額は学部によって異なり、文学部や法学部などは20万円、理工学部や看護医療学部などは30万円、薬学部は40万円、医学部は60万円が加算される。

 申請期間は2018年10月29日~11月26日(当日消印有効)。学業成績や家計状況、推薦内容などに基づき書類審査を行い、奨学生候補者を決定。志望学部は問わず、出身高等学校の所在地の地域ブロック単位で選考を行う。選考結果は、2018年12月下旬ごろに申請者全員に通知される。申請資格や申請方法などの詳細は、慶應義塾大学Webサイトまで。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)