【夏休み2018】アートや国際交流、恵比寿で未就学児向けワークショップ

 GOB Incubation Partnersが運営する、あそび場「PAPAMO」は、2018年8月4日・5日・11日・12日・13日の5日間、恵比寿三越で子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」を開催する。申込みはWebサイトより受け付けている。

趣味・娯楽 未就学児
子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」
  • 子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」
  • 子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」
  • 子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」
  • 子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」
  • 子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」
  • 子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」
  • 子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」
 GOB Incubation Partnersが運営する、あそび場「PAPAMO」は、2018年8月4日・5日・11日・12日・13日の5日間、恵比寿三越で子ども向けの体験型ワークショップ「PAPAMOのなつやすみ」を開催する。申込みはWebサイトより受け付けている。

 「PAPAMO」は、子どもたちが大歓迎される「親戚のおうちのようなあそび場」がコンセプト。遊休スペースを活用して、未就学児向けのあそび場を提供している。現在は、文京区や中央区、世田谷区など都内を中心に10拠点で展開。保育資格を持つスタッフが、子どもが思いきり楽しめる“あそび”のプログラムを通して、子どもの創造性を育むワークショップを実施している。

 2018年8月4日・5日・11日・12日・13日の5日間は、恵比寿三越にて「PAPAMOのなつやすみ」を開催。8月11日は「山の日」にちなんで、土に水を足しながら変化する土の触感を楽しむ「山の日特別企画 ~土遊びを楽しもう」が行われる。

 このほか、8月4日には「海外のお兄さん・お姉さんと遊ぼう ~不思議の国の三越」、8月5日には「PAPAMOの運動会 ~思いっきり体を動かそう」、8月12日には「光と影のアート体験」、8月13日には「段ボールや絵の具を使って秘密基地を作ろう」が予定されている。

 いずれも、恵比寿三越2階の特設会場で行われる。定員は各回15名。参加費は1回3,240円(税込)。対象年齢は3歳から6歳の未就学児。申込みはWebサイトより受け付けている。

◆PAPAMOのなつやすみ
開催日程:2018年8月4日(土)・5日(日)・11日(土・祝)・12日(日)・13日(月)
開催時間:11:15~12:45、13:45~15:15
開催場所:恵比寿三越2階 特設会場(東京都渋谷区恵比寿4-20)
定員:各回15名
参加費:1回3,240円(税込)
※参加費には材料費・保険料が含まれる
※支払いは当日払い
対象:3歳~6歳の未就学児
※兄弟で参加する場合は、下の子どもは2歳半から参加可能
申込方法:PAPAMOのWebサイトより受け付けている
開催内容:
・2018年8月4日(土)「海外のお兄さん・お姉さんと遊ぼう ~不思議の国の三越」
・2018年8月5日(日)「PAPAMOの運動会 ~思いっきり体を動かそう」
・2018年8月11日(土・祝)「山の日特別企画 ~土遊びを楽しもう」
・2018年8月12日(日)「光と影のアート体験」
・2018年8月13日(月)「段ボールや絵の具を使って秘密基地を作ろう」
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)