国際生物学オリンピック、12年連続で高校生4人全員がメダル獲得

 イランで2018年7月22日まで開催された「第29回国際生物学オリンピック」において、日本代表として参加した高校生4人全員がメダルを獲得する好成績を収めた。4人のうち、2人が銀メダル、2人が銅メダルを手にした。

教育・受験 高校生
日本生物学オリンピック
  • 日本生物学オリンピック
  • 受賞生徒
 イランで2018年7月22日まで開催された「第29回国際生物学オリンピック」において、日本代表として参加した高校生4人全員がメダルを獲得する好成績を収めた。4人のうち、2人が銀メダル、2人が銅メダルを手にした。

 国際生物学オリンピック(IBO)は、高校生を対象とした生物学の国際的なコンテスト。個人戦により、生物学の理論問題と実験問題が課される。成績優秀者には金メダル(参加者の約1割)、銀メダル(同2割)、銅メダル(同3割)が贈られる。

 第29回国際生物学オリンピックは、イランの首都テヘランで2018年7月15日から22日まで開催。71か国・地域から269人の生徒が参加した。

 日本からは、筑波大学附属駒場高校2年の石田廉さん、灘高校2年の鳥羽重孝さん、東京都立西高校3年の鈴木万純さん、桜蔭高校1年の濱笙子さんの4人が代表として参加。石田さんと鳥羽さんが銀メダル、鈴木さんと濱さんが銅メダルを獲得した。

 日本は、IBOに2005年から毎年参加し、高校生4人の派遣を続けている。日本代表のメダル獲得は14年連続、派遣した高校生4人全員のメダル獲得は12年連続となる。IBOは2019年にハンガリー、2020年に日本で開催される。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)