2018年「中秋の名月」9/24、美しい月を眺めよう

 太陰太陽暦の8月15日にあたる2018年9月24日は「中秋の名月」。2018年は、9月25日の満月と1日のずれがあるが、満月前後の月はとても明るく見ごたえがあり、晴れていれば美しい「中秋の名月」を楽しむことができそうだ。

生活・健康 その他
中秋の名月 2018年9月24日 21時ごろ 東京の星空 (c) 国立天文台天文情報センター
  • 中秋の名月 2018年9月24日 21時ごろ 東京の星空 (c) 国立天文台天文情報センター
  • 2018年9月24日 南中した名月(東京) (c) アストロアーツ
 太陰太陽暦の8月15日にあたる2018年9月24日は「中秋の名月」。2018年は、9月25日の満月と1日のずれがあるが、満月前後の月はとても明るく見ごたえがあり、晴れていれば美しい「中秋の名月」を楽しむことができそうだ。

 国立天文台によると、「中秋の名月」を眺める習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われている。「十五夜」という呼び方が一般的なほか、農業の行事と結び付いて「芋名月」と呼ばれることもある。

 お月見ということ満月のイメージが強いが、「中秋の名月」は満月とは限らない。太陰太陽暦の8月15日と、天文学的な意味での満月(望)の日付がずれることは少なくない。

 アストロアーツによると、2018年は9月25日午前11時50分ごろに満月(望)の瞬間を迎える。そのため、「『9月24日から25日にかけて見える中秋の名月は、ほぼ満月』と言えるでしょう」と解説。9月24日の「中秋の名月」は、左上(東)がわずかに欠けているものの、ほぼ真ん丸の満月に見えるという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)