小中学生対象「PCNこどもプログラミングコンテスト2018」12/31まで作品募集

 子どもたちにプログラミングの機会を提供しているプログラミングクラブネットワーク(PCN)は2018年10月1日、「PCNこどもプログラミングコンテスト2018」の作品の募集を開始した。締切りは12月31日。

教育ICT 小学生
 子どもたちにプログラミングの機会を提供しているプログラミングクラブネットワーク(PCN)は2018年10月1日、「PCNこどもプログラミングコンテスト2018」の作品の募集を開始した。締切りは12月31日。

 「PCNこどもプログラミングコンテスト」は、小中学生を対象としたプログラミングを使ったアイデア作品コンテスト。子どもたちがプログラミングを学ぶ環境づくりの一環として2014年夏から始まり、2018年で9回目を迎える。日本だけでなくアメリカ合衆国やアフリカのタンザニアなど世界各国からも作品が応募され、これまでに累計400作品以上の応募があった。

 コンテストでは、「ソフトウェア部門」小学生の部・中学生の部、「ロボット・電子工作部門」小学生の部・中学生の部の全4部門を設置。オリジナルのプログラミング作品であればツール・環境を問わず、ゲームやアプリ、ロボットや電子工作と組み合わせた作品など広く募集する。作品は一人何作品でも応募可能。

 最優秀賞・優秀賞は、2019年1月中旬に予定されている一次審査で選ばれるノミネート作品より、それぞれ各部門1作品ずつ選定される。3月3日に福岡のももち浜SRPホールにて実施予定の最終審査会では、ゲスト審査員も交えて作品を審査し、賞を決定する。協賛企業より提供される協賛賞も20作品以上を予定しており、ノミネートから外れてしまった作品も選ばれる可能性がある。副賞はノートパソコンや3Dプリンタなど、ものづくりに役立つ品を提供予定。

 応募は、Webサイトにて受け付けている。応募作品多数の際にはメールでも受付可能。締切りは2018年12月31日。コンテストの詳細や詳しい応募方法などもWebサイトから確認できる。

◆PCNこどもプログラミングコンテスト2018
日程:
<一次審査>2019年1月中旬ごろ
<最終審査会&表彰式>2019年3月3日(日)@ももち浜SRPホール(福岡)
対象:小学生・中学生
締切:2018年12月31日(月)
応募方法:Webサイトにて応募する
※応募作品多数の際にはメールでも受付可能
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)