医学生対象、医療英語を学ぶ「英国バッキンガム大学短期留学」2019年3月

 英国唯一の私立総合大学であるバッキンガム大学は、将来国際的な活躍を目指す日本の医学生を対象とした短期留学プログラムを開講する。日程は2019年3月に約2週間の予定。医療英語とコミュニケーション英語の双方を実践的に学ぶ。

教育・受験 大学生
英国バッキンガム大学 医学生対象 2019春短期留学プログラム
  • 英国バッキンガム大学 医学生対象 2019春短期留学プログラム
  • カリキュラム
  • 英国バッキンガム大学 医学生対象 2019春短期留学プログラム 事前説明会
 英国唯一の私立総合大学であるバッキンガム大学は、将来国際的な活躍を目指す日本の医学生を対象とした短期留学プログラムを開講する。日程は2019年3月に約2週間の予定。医療英語とコミュニケーション英語の双方を実践的に学ぶ。

 医学の世界では国境を越えた交流が進行し、共通言語として英語の重要性は増している。一方で、多くの日本人医師は国内医学部を経て医療に従事するキャリアを重ね、その過程で教養レベルの英語はともかく、実践的な医療英語を学び使う機会が恒常的に不足しているという。論文や学会で必要に迫られるケースや、訪日外国人の増加に伴う国内医療現場での英語が飛び交う状況の増加に、医師が自身の医療英語スキルの問題に直面する例も増えているという。

 こうした日本ならではの医療英語をめぐる問題の予防・改善に寄与することを目的に、幼児期からの海外留学をサポートする芙蓉エデュケーションズが医学生を対象とした英国バッキンガム大学の短期留学プログラムを企画・監修。将来、国際レベルで医学に携わりたいと願う医学生をサポートする。

 英国バッキンガム大学短期留学プログラムは、「専門的な医療英語のスキル」「医療従事者間のコミュニケーション英語のスキル」「医療従事者間のフランクで幅広い交流の実体験」の3要素がより適切なバランスで組み合わされているところが特長。多種多様な民族・人種が集まるイギリスで、医療英語研修のほか、医療現場での実践研修、英語による基礎解剖学などのアカデミック講義、英国の医療現場見学や医大生との交流など、貴重な体験をバランス良く体験できる。

 対象は、IELTS4.0かそれ以上、もしくは同等の英語力を持つ18歳以上の医科大学生。高校生で参加を希望する場合は別途面談を行う。プログラムに興味がある人は芙蓉エデュケーションズまで電話かメールで問い合わせること。なお、12月15日には事前説明会も実施。説明会の申込みはWebサイトで受け付けている。

◆英国バッキンガム大学 医学生対象 2019春短期留学プログラム
日程:2019年3月に約2週間
対象:IELTS4.0かそれ以上、もしくは同等の英語力を持つ18歳以上の医科大学生(高校生で参加希望の場合は要面談)
対応可能人数:20名(最少遂行人数5名)
宿泊先:大学キャンパスから徒歩で通学可能な学生寮またはホームステイ
カリキュラム :
<パート1>医療英語研修
英語医療文化、医療従事者の名称、身体の部位、病院内の名称、各科の名称、さまざまな痛みの表現、医療器具の名称
<パート2>医療現場での実践研修(ロールプレイ)
医療従事者間の会話、外国人患者への対応、診断と告知
<パート3>アカデミック講義
基礎生物、基礎生理学、基礎解剖学
<パート4>学外研修
大学病院見学、医学部学生や教職員などとの歓談、ロンドンの医療系博物館見学

◆英国バッキンガム大学 医学生対象 2019春短期留学プログラム事前説明会
日時:2018年12月15日(土)10:00~
会場:芙蓉エデュケーションズ(東京都文京区本駒込2-1-18)
参加費:無料
申込方法:芙蓉エデュケーションズWebサイトから申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)