ロボコン新人戦「アフレルスプリングカップ2019」受付開始…12/31まで早割

 アフレルは、2019年3月26日に東京、3月28日に大阪で開催する「アフレルスプリングカップ2019」の参加者受付を2018年11月26日より開始した。小学生から大学生、専門学校生までを対象に7部門で受付。12月31日までエントリー費が500円引きになる早割も実施する。

教育ICT 小学生
アフレルスプリングカップ2019
  • アフレルスプリングカップ2019
  • アフレルスプリングカップ2019の特徴
  • アフレルスプリングカップ2018のようす
  • アフレルスプリングカップ参加者応援企画の購入特典
  • はじめてのロボコン個別相談会
 アフレルは、2019年3月26日に東京、3月28日に大阪で開催する「アフレルスプリングカップ2019」の参加者受付を2018年11月26日より開始した。小学生から大学生、専門学校生までを対象に7部門で受付。12月31日までエントリー費が500円引きになる早割も実施する。

 2014年に始まったアフレルスプリングカップは、「ロボコン新人戦」と位置付けられる初心者向けのロボットコンテスト。2019年は、「小学生ミドル」「小学生エキスパート」「中学生ミドル」「中学生エキスパート」「高校生ミドル」「高校生エキスパート」「ARCミドル」の計7部門で競う。おもに教育版レゴマインドストームEV3やTETRIXを利用した初心者向けの自律型ロボットコンテストで、国際的ロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad)への出場を見据えた競技内容となっている。

 大会は1チームにつき選手2~3名とコーチ1名の出場が可能。全競技部門で300チームの参加を予定しており、2018年と同様、東京・大田区総合体育館 メインアリーナと大阪・大阪工業大学梅田キャンパスの2会場で開催する。エントリー受付期間は2019年2月15日まで。12月31日までは期間限定でエントリー費が500円割引になる早割も実施する。

 なお、アフレルスプリングカップ参加者応援企画として、走行コースやプログラミングガイドを含んだ「EV3 WRO2018ミドルチャレンジセット」を特別価格で販売。期間中に注文すると大会前に参加できる「はじめてのロボコン講習会」もしくは大会当日に参加できる「EV3またはTETRIXの教材体験会」のいずれかが特典として選択できる。12月中旬には初めてロボコンに参加する際の不安や疑問にアフレルスタッフが応える完全個別の相談会を東京・大阪で開催。先着順で申込みを受け付ける。

 エントリー、相談会申込みはWebサイトで受付中。大会当日は入場無料で誰でも見学できる。

◆アフレルスプリングカップ2019(ASC2019)
入場料:無料、誰でも見学可能
【東京】
日程:2019年3月26日(火)
会場:大田区総合体育館 メインアリーナ(東京都大田区東蒲田1-11-1)
【大阪】
日程:2019年3月28日(木)
会場:大阪工業大学 梅田キャンパス(大阪府大阪市北区茶屋町1-45)

対象:小学生、中学生、高校生、大学生、専門学校生と20歳以上のコーチ
参加条件:1チームにつき選手2~3名とコーチ1名(20歳以上)で申込み
必要機材:教育版レゴマインドストームEV3、TETRIX(ARCミドル部門のみ)
参加費:1名あたり3,000円(税別・選手、コーチ同料金)
※早割は1名あたり2,500円(税別・選手、コーチ同料金)
申込方法:アフレルスプリングカップ2019公式Webサイト内「エントリーはこちら」より申し込む
申込期間:2019年2月15日(金)23:59まで
※早割エントリーは2018年12月31日(月)まで
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)