企業・学校対抗プログラミングバトル、学校の部1位は早大

 システムインテグレータは2018年11月17日、「第1回 企業・学校対抗プログラミングバトル(PG Battle)」を開催した。学校の部の1位は早稲田大学「WAseadAC」チーム、2位は京都大学「Tigerzet」チームだった。

教育ICT 大学生
第1回 企業・学校対抗プログラミングバトル(PG Battle)
  • 第1回 企業・学校対抗プログラミングバトル(PG Battle)
  • システムインテグレータ
 システムインテグレータは2018年11月17日、「第1回 企業・学校対抗プログラミングバトル(PG Battle)」を開催した。学校の部の1位は早稲田大学「WAseadAC」チーム、2位は京都大学「Tigerzet」チームだった。

 PG Battleは、プログラマーが楽しく技術を競えるプログラミングイベント。1チーム3人からなる団体戦で、3つのレベルを1人ずつ選択する。レベルごとに出題される4つの課題に90分以内(チーム合計12問)でプログラミングし、3人の合計点で競い合う。

 第1回PG Battleには、企業の部に169チーム、学校の部に91チームの合計260チームがエントリー。当日は全チームが参加し、プログラミングスキルを競い合った。企業の部の1位は、リクルートコミュニケーションズ「あの人をどうやって外すか後で相談しようね」チームで、満点の成績を修めた。

 学校の部の1位は早稲田大学「WAseadAC」チームで、一番簡単な問題にケアレスミスがあったものの290点で優勝した。2位は京都大学「Tigerzet」チーム、3位は名古屋大学「Ch0kuda1」チーム、4位は東京工業大学「new_moon_with_face」チーム、5位は京都大学「SK Telecom T1」チームだった。上位10校のうち、私立大学は優勝した早稲田大学1校、2位から10位を国立大学が占めている。

 システムインテグレータは今後、「PG Battle」を毎年開催しプログラミングに対する情熱を高めていくとしている。2019年は9月28日に開催予定で、1,000チームの参加を目指している。

◆第1回 企業・学校対抗プログラミングバトル(PG Battle)
【企業の部】
1位/リクルートコミュニケーションズ「あの人をどうやって外すか後で相談しようね」
2位/ナビタイムジャパン「Tennys」
3位/フューチャー「ymt」
4位/Indeed「しゅが美」
5位/フィックスターズ「tanokalogic」
6位/ジーニー「ofuton lover」
7位/新日鉄住金ソリューションズ「くるーる」
8位/エイジア「チームWEBCAS」
9位/ユニリタ「ゆにりた」
10位/新日鉄住金ソリューションズ「鉄研」

【学校の部】
1位/早稲田大学「WAsedAC」
2位/京都大学「Tigerzet」
3位/名古屋大学「Ch0kuda1」
4位/東京工業大学「new_moon_with_face」
5位/京都大学「SK Telecom T1」
6位/京都大学「WArwick」
7位/北海道大学「Tsuta_J」
8位/東京工業大学「po」
9位/筑波大学「Ti11195916」
10位/東京大学「Mat D」
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)