経験者が語る送迎・食事付き学べる学童「ウィズダムアカデミー」…春休み体験パック受付中

 幼児や小学生が園外・校外で過ごす時間は、放課後と長期休暇を合わせると、年間1,600時間にも及ぶといわれている。共働きなどでこの時間に子どもと一緒にいられない親の代わりに子どもを預かってくれるのが学童だ。

教育・受験 未就学児
お友達と一緒に宿題やカリキュラムに取り組める大きなダイニングテーブル
  • お友達と一緒に宿題やカリキュラムに取り組める大きなダイニングテーブル
  • ウィズダムアカデミーが選ばれる4つの理由
  • 自由にくつろげる大きなソファ
  • 学校や保育園までスタッフが迎えに来てくれて、帰りは自宅まで送ってくれる送迎付き添いサービス
  • お友達と一緒に宿題やカリキュラムに取り組める
  • 全校舎で提供する習い事は40種類以上
 幼児や小学生が園外・校外で過ごす時間は、放課後と長期休暇を合わせると、年間1,600時間にも及ぶといわれている。共働きなどでこの時間を子どもと一緒に過ごせない保護者の代わりに子どもを預かってくれるのが学童だが、公立、民間、非営利運営など、その形態から料金、保育の質までさまざま。すでに学童を利用していても、我が子にとって「何がベストか?」、答えが見つかっていない家庭も多いのではないだろうか。

居場所+αを求めて話題の“学べる学童”を体験



 まず、学童の選択肢としてあがるのが公立学童。料金が安く、小学校の中や児童館にあることが多いので、学校生活の延長でクラスの友達と一緒に過ごせることがメリットだ。ただ、公立学童はあくまでも「放課後の居場所」であり何かを学ぶ場ではないため、学校が終わってから18時前後の閉室まで、宿題をする時間はあれどもほとんどの時間を遊んで過ごすことになる。

 低学年のうちはのびのび遊ぶのが一番、という思いもありながら、専業主婦の母親たちが平日午後に学習塾やら英会話、水泳教室などにせっせと送り迎えをしている姿を見聞きするたび、「このまま遊んでばかりいる生活でいいのかしら…」と我が子の日常に不安を感じるのが働く母親たちの切実な声。そんなワーキングマザーの味方となるのが、習い事付き民間学童という選択肢だ。よい環境で過ごし、その場で習い事もできることから、専業主婦家庭からも注目されている。

 最近特に話題になることの多い民間学童。「いったいどんなところだろう?」という興味を抱きつつ、小学校1年生の筆者の息子に「ウィズダムアカデミーアフタースクール」を体験させてみた。

ウィズダムアカデミーが選ばれる4つの理由

人気の習い事が充実



 預かるだけでなく、「学べる学童保育」を理念に掲げているウィズダムアカデミー。校舎によって種類は異なるが、外国語レッスンに習字、そろばんにピアノ、ダンス、アートやプログラミングにアルゴクラブに書道に珠算と合計40以上もの豊富なラインナップの習い事を各分野の専任講師を招いて校舎内ワンストップで受けることができる

 息子はSAPIXの通信教材「ピグマキッズセレクト」を受講中だが、「先生も優しくて、国語と算数90分間のレッスンがあっという間に過ぎる」とのこと。内容を聞くと、ことわざをかるたで覚えたり、レベルに合わせた算数教材などを用いて、“考えること”を主体としたレッスンの工夫がされていると感じた。家庭で宿題以外の勉強で、90分集中して机に向かわせるのはなかなか難しいことを考えると、それだけでも意義があると思うし、一緒に受講しているお友達と「僕はこう思う!私はこう考えた」と、意見を出し合うのもまたいい刺激になっているようだ。

 お友達の親御さんからは、下記のように習う前後でのお子さまの成長を実感したという声が多数あがっている。

「囲碁を習い始めて、すぐにルールを覚えて家族に教えてくれた」
「アートスクールで作った作品が非常によくできていて驚いた」
「ただ預かってくれているだけでなく、回を重ねるごとにできることが増えている、特に英語の上達を感じている」
「英語のプライベートレッスンの先生がとてもユニークで毎回楽しみにしている」
「こちらで英語を習い始めて、それまで単語だけだったのがセンテンスで話せるようになった」


 お子さま自身の感想も、

「今日はウィズダムのレッスンの日? 毎日通いたい!」
「できることが増えて楽しい!」


と、意欲的な声ばかり。子どもの満足そうな表情を見ると、通わせている親としても嬉しくなる。

体験パック 問合せ・申込ページ

「好き」を見つける、「興味の種」を広げるカリキュラム



 ウィズダムアカデミーには、オプションの習い事とは別に参加できる「能力向上カリキュラム」が充実しているのも大きな魅力。年明けには、春の七草や雪の結晶について調べたり、節分には鬼のお面を作ったり、(親が忙しいとついうっかりしがちな)季節の行事などを学んでくるほか、みんなで特大トランプをしたりパズルをしたり…日々、好奇心を刺激するレッスンカリキュラムが目白押しだ。

 なかでもネイティブ講師が指導してくれる“イングリッシュ・タイム”を楽しみにしている子どもたちが多く、挨拶や簡単な単語、歌やゲームなどのアクティビティを通じて楽しく英語に触れることができる。

 息子はかなりシャイな性格だが、先生に教わった英語の歌を家でも口ずさむようになるなど、勉強ではない遊びの延長で“英語って楽しい”と感じるきっかけとなったようす。

 こういったさまざまなカリキュラムを通して、親も知らない「子どもの好き」「興味の種」に気付くような良質な機会を提供してくれることは、ウィズダムアカデミーならではだと思う。いい意味で親の想定から離れて、子ども自身が好きなことを見つけてくれる…なんとも理想的な放課後の過ごし方ではないだろうか。

延長や夕食対応OKの安心感



 忙しい保護者に代わって、学校や保育園までスタッフが迎えに来てくれて、帰りは自宅まで送ってくれる送迎付き添いサービスもありがたい限り。その都度、入退室のお知らせメールが届くので子どもの居場所がわかるのも安心だ。

学校や保育園までスタッフが迎えに来てくれて、帰りは自宅まで送ってくれる送迎付き添いサービス
また、通常20時、最長22時まで対応の預かり時間、夕食などの対応もしてくれるとあって、急な残業やどうしても外せない仕事があるときなど、いざというときのセーフティネットとしての安心感につながるのではないだろうか。「ウィズダムに通っている日は心置きなく残業ができて、安心して仕事に打ち込める」といった保護者の声のとおり、忙しい保護者の業務効率アップにも一役買ってくれる。

“第三の家”ともいえるアットホーム感



 明るく清潔感のある教室内の雰囲気、自由にくつろげる大きなソファ、お友達と一緒に宿題やカリキュラムに取り組める大きなダイニングテーブル、個々に集中できる学習ルームにさまざまなジャンルの本が並んでいる本棚など、預かり環境も充実。子どもたちは家庭的な雰囲気のリビングでのびのびと過ごしている。

 また、子どもたちの「楽しい!」に欠かせないのが一緒に過ごす先生たちの存在。「うまくレッスンに参加できてない我が子を気にかけて声をかけて励ましてくださった」「他の学童クラブに比べて先生方の対応も丁寧で、子どもには正しい日本語を身に付けてほしいと思っているので有難い」といった先生の素晴らしさを評価する保護者の声も多く、息子に対しても、「字がきれいだねって先生に褒められたよ」「辞書の使い方に慣れてるって言われた」など、さりげないことに気付いて声をかけてくれていることに感動した。

 放課後の長い時間を過ごすなかで「その他大勢の子ども」ではなくて「私(僕)ひとり」をいつも気にかけてくれる大人が側にいて、自分の存在を認めてくれることこそが、子どもの自己肯定感には欠かせない、ということを改めて感じさせてくれた。

自由にくつろげる大きなソファ

垣根のないアフタースクール



 ウィズダムアカデミーでは、未就学児も小学生も、男の子も女の子も一緒のテーブルで宿題をしたりカリキュラムを行っている。「小学生が宿題をやっているのを見て、自分も4月から小学生になるので刺激になっているようです」とは現年長さんの保護者の声。異年齢同士が同じ空間で過ごすことで、まるで兄弟や姉妹のように自然と勉強を教え合ったり、ごっこ遊びをすることも。自分より年上のお友達への信頼や尊敬、年下の子への思いやりや配慮などが自然と芽生える環境も、いいなぁと思うポイントだ。

お友達と一緒に宿題やカリキュラムに取り組める

春休み、ウィズダムでの生活を体験するチャンス



 ここまで、筆者が息子をウィズダムアカデミーに通わせてみてよかったことや経験者の声を紹介してきたが、やはり「百聞は一見に如かず!」。

 この春休み、ウィズダムアカデミーのアフタースクールが体験できる「春休み体験パック特別キャンペーン」への申し込みを受け付けている。8時30分~20時までの通常預かりに加え、能力向上カリキュラム、希望の習い事、学校の宿題サポートがフルで体験でき、さらに追加で食事の提供も可能。お子さまや家庭の都合に応じて3日間、5日間の日程から選ぶことができる。

 年度替わり、進級や入学などを控えて新環境への変化や不安も多くなるこれからの時期、ウィズダムアカデミーの頼れるサポートを味方につけるのも良し、ワンパターンな放課後の過ごし方に刺激を与えるのも良し。この機会に、子どもにとっても大人にとっても有意義な時間を提供してくれる、ウィズダムアカデミーのアフタースクールを体験してみてはいかがだろうか。

ウィズダムアカデミー春休み体験プログラム 特別キャンペーン



対象


 就学前の3~6歳児、小学1~6年生

募集定員


 各校10名

体験パック料金


アフタースクール 小学1~6年生/預かり時間8:30~20:00
        3日間¥20,000 5日間¥30,000

アフターキンダガーデン 3~6歳児/預かり時間8:30~19:00
        3日間¥25,000 5日間¥35,000
        ※料金はいずれも税別。
        ※追加サービスで食事の提供も可能。

利用期間


 2019年3月18日(月)~4月5日(金)の平日

申込み方法


 Webサイトまたは電話

体験パック 問合せ・申込ページ
 (ウィズダムアカデミーコールセンター 03-6914-0581 ※平日10:00~19:00)

お預かり実施校


 ウィズダムアカデミー直営校12校(目白、恵比寿、田園調布自由が丘、成城祖師ヶ谷大蔵、横浜上大岡、三鷹吉祥寺、市ヶ谷飯田橋、池尻三軒茶屋、王子、駒沢桜新町、二子玉川、千葉幕張)

教えて!アフタースクール利用の気になるポイント



他の教室の習い事を受講することはできるの?


 全校舎で提供する習い事は40種類以上。各教室によって受講できる習い事はさまざまなので、希望の習い事が通室中の校舎にない場合でも、通室時間内に通える範囲の近隣校舎であれば別途送迎サービス利用で受講することができる。詳しくは各校舎へ問合せを。

他所の習い事への中抜けはできるの?


 進学塾、スイミングスクールなどウィズダムアカデミー以外での習い事に通わせたいといったニーズに合わせて、任意オプションで習い事先までの付き添い送迎サービスを利用することができる。平日の習い事を諦めなくていい、というのも忙しい保護者には嬉しいところ。そのぶん土日に習い事を掛け持ちしたりせず、週末の家族の時間を大切にすることもできる。

活発な子は発散不足にならないの?


 夏休みや長期休暇などアフタースクールで過ごす時間が長いときは、スタッフの付き添いの元、近隣の公園にみんなで遊びに行くことも。アフタースクール内では、広いプレイルームでボール遊びや縄跳びをしたり、ダンスなどで体を動かす時間もあるのでエネルギーが有り余るお子さまでも大丈夫。もちろん、各自が自由に過ごせる時間もあり、じっくり本を読みたい子は静かに読書をしたり、友達と遊びたい子はボードゲームやカードゲームをしたりして楽しんでいる。
《吉野清美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)