慶應義塾大「医学・医療の学際的修学、半学半教」2019年度受講高校生募集

 慶應義塾大学は2019年4月1日より、科学技術振興機構(JST)グローバルサイエンスキャンパスに採択されている事業「医学・医療の学際的修学、半学半教」の2019年度受講生を募集する。対象は、全国の高校・各種学校等に在籍する15~18歳の生徒。

教育・受験 高校生
 慶應義塾大学は2019年4月1日より、科学技術振興機構(JST)グローバルサイエンスキャンパスに採択されている事業「医学・医療の学際的修学、半学半教」の2019年度受講生を募集する。対象は、全国の高校・各種学校等に在籍する15~18歳の生徒。1年を通じて活動に継続して参加できることが条件。

 「医学・医療の学際的修学、半学半教」は、日本が2035年に65歳以上の高齢者が33.4%と超高齢化社会を迎え、医療・医学の発展と産業化において国際的な先導となり得る人材の育成が急務になることから、医学を中心とした理工学、薬学等の研究を通じて世界を先導する人材を育成する事業。JSTが進める次世代人材育成事業「グローバルサイエンスキャンパス」の2018年度採択機関・企画に選ばれている。

 2019年度受講生は、全国から高校教諭推薦および自己推薦による応募を募り、小論文および面接を経て一次選抜者40名を選定。40名を対象に、医学を中心に関連領域について基礎から最先端に至るまで講義・実習・グループワークなどを行い、国際的な活用を視野に英語による講義討論や科学分野での国際交流を実施する。その後さらに二次選抜者15名を選び、各種オリンピックへ挑戦する3名と個人研究での国際学会発表・英語論文発表を目標とする12名にわかれ活動する。二次選抜者は、2019年秋にスウェーデンカロリンスカ医科大学やイスラエルでの海外研究研修も予定されている。

 募集期間は4月1日~8月12日。活動期間は2019年5月~2020年3月。5月11日には応募者を対象としたキックオフミーティングを開催。その後、一次選抜者を対象に8月、12月、2020年3月の土日に活動を行う予定だ。二次選抜者はこれらに加え、各種オリンピックや個人研究に向けた活動を実施。学校側と調整を図りながら、学校授業などに支障の少ない土日や平日下校後、夏休みなどの長期休暇中に実施するという。

 応募に関する詳細は慶應義塾大学医学部化学教室のWebサイトから確認できる。応募用紙のダウンロードも可能。応募の際は必要事項に加え「これからの社会における科学の役割」と題した小論文も提出する。

◆慶應義塾大学「医学・医療の学際的修学、半学半教」2019年度受講生
募集期間:2019年4月1日(月)~8月12日(月・祝)
募集人数:40名
対象:全国の高校・各種学校等に在籍する15~18歳の生徒(高校教諭の参加も可能。別途問合せのこと)
条件:1年を通じて活動に継続して参加できること
応募方法:慶應義塾大学医学部化学教室Webサイトから応募用紙をダウンロードし、小論文と合わせて郵送、FAX、メールのいずれかにて応募する
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)