東京理科大、宇宙教育プログラム2019年度受講生を募集…4/23まで

 東京理科大学は2019年4月2日より「宇宙教育プログラム」2019年度受講生の募集を開始した。対象は大学学部生、高校生、高専生で、大学学部生20名、高校生10名の計30名を募集。事前エントリーおよび出願書類受付は、4月23日午後5時まで

教育・受験 高校生
 東京理科大学は2019年4月2日より「宇宙教育プログラム」2019年度受講生の募集を開始した。対象は大学学部生、高校生、高専生で、大学学部生20名、高校生10名の計30名を募集。事前エントリーおよび出願書類受付は、4月23日午後5時まで。

 宇宙教育プログラムは、「本物の知識」と「本物の体験」を通じて宇宙科学技術への興味と理解を深め、将来、理科教員、研究者、技術者、起業家として、宇宙科学技術の魅力を広く社会に発信できる人材を育成するプログラム。文部科学省による「宇宙航空科学技術推進委託費」により実施する。

 プログラムでは、参加者決定後の6月30日から2020年3月中旬まで、宇宙関連分野の講義、講演、実習、ディスカッション、宇宙関連施設の訪問などを実施。本物を通じて知識と技術を修得するとともに、アクティブ・ラーニング(CANSAT実験、微小重力実験)では実験提案、計画立案、装置開発、実践、データ解析、成果発表などをチームで行い、「本物」の宇宙関係ミッション同様の一連の流れを実体験する。

 事前エントリーは4月2日から4月23日午後5時まで、事前エントリー後の出願書類受付は4月8日から4月23日午後5時まで受け付ける。事前エントリーはWebサイトから、出願書類提出は必要書類をそろえた上でメールにて申し込む。その後、書類による一次選考の結果を5月23日に、面接による2次選考の結果を6月18日に発表予定。

 募集定員は、大学学部生20名、高校生10名の計30名。高専生については、本科1年生から3年生を高校生、本科4年生から5年生および専攻科1・2年生を大学学部生として取り扱う。なお、東京理科大学以外の大学学部生も応募可能。募集要項の詳細や出願書類のダウンロードは、宇宙教育プログラム特設Webサイトから行える。

◆東京理科大学 宇宙教育プログラム2019年度受講生募集
対象:大学学部生、高校生、高等専門学校生
定員:大学学部生20名、高校生10名
※高等専門学校生については、本科1~3年生を高校生、本科4~5年生および専攻科1・2年生を大学学部生として取り扱う
※東京理科大学以外の大学学部生も応募可能
参加費:受講費無料(自宅から会場までの交通費、宿泊次の食事代など一部自己負担あり)
申込方法:宇宙教育プログラム特設Webサイトにて事前エントリーを行い、メールにて出願書類を提出する
申込期間:
・事前エントリー 2019年4月2日(火)~4月23日(火)17:00
・出願書類受付 2019年4月8日(月)~4月23日(火)17:00
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)