ロボットプログラミング教材「ArtecRobo2.0」教育機関向け先行販売

 アーテックは2019年4月25日、ロボットプログラミング学習キット「ArtecRobo(アーテックロボ)」シリーズの次世代機である「ArtecRobo2.0」の教育機関向け先行販売を開始した。

教育業界ニュース 教材・サービス
ArtecRobo2.0
  • ArtecRobo2.0
  • 高度道路交通システム
  • 信号機同士の連携
 アーテックは2019年4月25日、ロボットプログラミング学習キット「ArtecRobo(アーテックロボ)」シリーズの次世代機である「ArtecRobo2.0」の教育機関向け先行販売を開始した。

 「ArtecRobo」は、縦・横・斜めのすべての方向に接続することができるブロックにより、自由な形状のオリジナルロボットの組み立てが子どもでも直感的に行えるキット。ロボットを制御するためのワンボードマイコンなどのパーツは、それぞれのブロックに挿し込むだけでつなぐことができる。無料のソフトウェアを使いドラッグ&ドロップでブロックをつなげるだけの簡単なプログラミングで、ロボットの動作制御プログラムを作成することが可能。

 この度、先行販売を開始した新バージョン2.0は、7つのセンサーと25個のフルカラーLED、ブザーを内蔵。工夫次第で、二足歩行ロボットや信号機、高度道路交通システムなどさまざまなロボットやシステムを組み立てることができる。接続するコードの本数も少なく組み立てに時間をかけずにプログラミングが可能。「Scratch 3.0」ベースのソフトウェアによるプログラミングのほか、「Python(パイソン)」言語でのプログラミングに対応しており、IoTやAIなどの先端技術の学習にも活用できる。

 Bluetooth、Wi-Fiによる無線機能も搭載。Windows・Macに加え、Bluetooth通信によりiOS、Android、ChromeOSでのプログラミングにも対応し、Wi-Fiでデバイス同士を通信させることでネットワークを利用したシステムの構築も可能となった。さらにロボットをインターネットに接続し、Webサービスと連携することで、先端技術をより身近に深く学ぶことができる。

 一般向けの販売は6月以降を予定。なお、6月13日から16日に開催される「東京おもちゃショー」(一般公開日は6月15・16日)にも出展を予定している。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)