しまじろうと楽しく学ぶ「こどもちゃれんじ」ワーク新発売

 ベネッセコーポレーションは2020年1月16日、幼児の教育・生活支援ブランド「こどもちゃれんじ」のワークを発売した。「はじめてのワーク」を入り口に、「ひらがな」「かず」「ちえ」「こうさく」のラインアップで子どもの学びを応援する。

教育業界ニュース 教材・サービス
こどもちゃれんじのワーク
  • こどもちゃれんじのワーク
  • こどもちゃれんじ
 ベネッセコーポレーションは2020年1月16日、幼児の教育・生活支援ブランド「こどもちゃれんじ」のワークを発売した。「はじめてのワーク」を入り口に、「ひらがな」「かず」「ちえ」「こうさく」のラインアップで子どもの学びを応援する。

 この度ベネッセコーポレーションから発売されたのは、しまじろうと一緒に楽しく学べる「こどもちゃれんじ」のワーク。ラインアップは、「はじめてのワーク(2・3・4歳)」「ひらがな(2・3歳/3・4歳/4・5歳)」「かず(2・3歳/3・4歳)」「ちえ(2・3歳/3・4歳)」「こうさく(2・3歳)」の全9冊。

 たとえば、「はじめてのワーク」では、初めてワークに取り組む子どもが「ワークって楽しい!」「かくことが好き!」「もっとやりたい!」と思えるように、やさしい運筆課題や、数量・論理の基礎的な課題を扱い、問題を解くことに慣れ、ワークに取り組む意欲を育てる。1ページ解き終えたら「できたよ!シール」、1冊解き終えたら「めいじんかんむり」で取組みを認めてあげることで、達成感が子どもの次のやる気につながる。

 価格は各770円(税込)。全国の書店およびAmazonにて購入できる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)