iPadを使った対話型鑑賞イベント「鉄道のミカタ」てっぱく5/11-12

 鉄道博物館は2019年5月11日と12日、小学3年生以上の子どもを対象に、対話型鑑賞イベント「『鉄道のミカタ』~iPadでビデオや音楽を作って、みんなで一緒に考えよう!~」を開催する。参加無料(入館料別)。

趣味・娯楽 小学生
鉄道のミカタ
  • 鉄道のミカタ
  • 鉄道のミカタ
  • 鉄道博物館
 鉄道博物館は2019年5月11日と12日、小学3年生以上の子どもを対象に、対話型鑑賞イベント「『鉄道のミカタ』~iPadでビデオや音楽を作って、みんなで一緒に考えよう!~」を開催する。参加無料(入館料別)。

 「『鉄道のミカタ』~iPadでビデオや音楽を作って、みんなで一緒に考えよう!~」は、鉄道の新たな楽しみ方を提供する対話型鑑賞イベント。鉄道博物館の学芸員と一緒に、昭和の時代に活躍した列車「特急とき」と「新幹線」の車両を題材に鉄道の「見た目」や「音」に着目し、iPadを使ってビデオや音楽で自由に表現する。クリエイティブな体験をきっかけに学芸員や参加者同士で対話しながら、鉄道への深い知識の探求や鉄道博物館をより楽しむきっかけとすることができる。

 オリジナルビデオを作るプログラムは5月11日、オリジナル曲を作るプログラムは5月12日に開催。作品のデータは持ち帰ることが可能。参加者には、記念として鉄道博物館のノベルティグッズ(非売品)のプレゼントも行う。

 対象は小学3年生以上の子ども。参加無料。入館料(個人)は、一般1,300円、小中高生600円、幼児(3歳以上未就学児)300円(いずれも税込)。各日午前10時から本館1Fの車両ステーション クハ181形電車前にて2回分すべての整理券を配布する。定員は各回10名の予定(先着順)。

◆「鉄道のミカタ」~iPadでビデオや音楽を作って、みんなで一緒に考えよう!~inてっぱくGW2019
日時:
【「オリジナルビデオ」を作る特別プログラム】2019年5月11日(土)11:00~12:00/14:30~15:30
【「オリジナル曲」を作る特別プログラム】2019年5月12日(日)11:00~12:00/14:30~15:30
会場:鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番)
※本館1F 車両ステーション クハ181形電車前より開始
対象:小学3年生以上の子ども
※保護者・幼児同伴可
募集人数:各回10名の予定(先着順)
参加費:無料(入館料別)
※入館料(個人)は、一般1,300円、小中高生600円、幼児(3歳以上未就学児)300円(いずれも税込)
申込方法:各日10:00から本館1F 車両ステーション クハ181形電車前にて2回分すべての整理券を配布する
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)