【夏休み2019】福音館書店「かがくのとも」創刊50周年記念展

 福音館書店は2019年8月23日から9月8日まで、月刊科学絵本「かがくのとも」の創刊50周年を記念した記念展「あけてみようかがくのとびら展」をアーツ千代田3331で開催する。当日券は、一般(中学生以上)1,000円、小学生400円。

教育イベント 未就学児
月刊科学絵本「かがくのとも」の創刊50周年を記念した記念展「あけてみようかがくのとびら展」 (c) Taro Gomi
  • 月刊科学絵本「かがくのとも」の創刊50周年を記念した記念展「あけてみようかがくのとびら展」 (c) Taro Gomi
  • 「しぜん」「からだ」「たべもの」「のりもの」の4つの切り口から、「かがく」の楽しさを伝える (c) Kazuko Hirayama
  • 「しぜん」「からだ」「たべもの」「のりもの」の4つの切り口から、「かがく」の楽しさを伝える (c) Gen-ichiro Yagyu
  • 「しぜん」「からだ」「たべもの」「のりもの」の4つの切り口から、「かがく」の楽しさを伝える (c) Ryosuke Minooka
  • 「しぜん」「からだ」「たべもの」「のりもの」の4つの切り口から、「かがく」の楽しさを伝える (c) Mutsuko Yokomizo
  • 会場限定オリジナルグッズなどを発売する
 福音館書店は2019年8月23日から9月8日まで、月刊科学絵本「かがくのとも」の創刊50周年を記念した記念展「あけてみようかがくのとびら展」をアーツ千代田3331で開催する。当日券は、一般(中学生以上)1,000円、小学生400円。

 「かがくのとも」は、好奇心いっぱいの子どもたちに、断片的な知識や情報ではなく、「見て」「考えて」「確かめて」「知る」楽しさを伝えることを目的とした月刊科学絵本。2019年に創刊50周年を迎えたことから、初めての科学展「あけてみようかがくのとびら展」を開催する。

 「あけてみようかがくのとびら展」は、子どもたちが心から楽しみ、たくさんの驚きと発見に出会える展示になるよう工夫されている。身の回りにある「かがく」への入口を、「しぜん」「からだ」「たべもの」「のりもの」の4つに分類。それぞれの切り口から、「かがく」の楽しさを伝える。

 身の回りにひそむ生き物や植物の秘密を探る「しぜん」では、「自ら探して見つけること」の楽しさを感じることができる。「からだ」では、実際に自分の心臓の音を聞いたり、目を観察したりしながら、身体の不思議を見つめることができる。また、自分という存在や言葉について考えてみるという、「かがくのとも」ならではの展示も楽しめる。

 「たべもの」の部屋の中心には、「だいず」が「みそ」になるまでを追った大きな丸い展示台が設置されている。食べることの楽しさを、目で見て感じられるコーナーだという。「のりもの」では、車や電車、飛行機、船といった乗り物の魅力を捉えた絵本原画を味わうことができる。

 「あけてみようかがくのとびら展」は8月23日から9月8日まで、アーツ千代田3331の1階メインギャラリーにて開催される。当日券は、一般(中学生以上)1,000円、小学生400円。未就学児は無料。ポストカード付き前売券は、一般(中学生以上)1,000円。小学生400円。記念誌付き前売券は、一般(中学生以上)のみの発売となり3,200円(いずれも税込)。

◆あけてみようかがくのとびら展
会期:2019年8月23日(金)~9月8日(日) ※期間中無休
会場:アーツ千代田3331 1階メインギャラリー(東京都千代田区外神田6-11-14)
開催時間:10:00~18:00(最終入場は17:30まで)
料金(税込):
・当日券/一般(中学生以上)1,000円、小学生400円
・ポストカード付き前売券/一般(中学生以上)1,000円、小学生400円
・記念誌付き前売券/一般(中学生以上)のみ3,200円
※未就学児無料
※有料入場者10名以上の場合の団体料金あり
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)