LINE活用した「いじめ相談@かながわ」8/26-9/22実施

 神奈川県教育委員会は2019年8月26日から9月22日まで、「SNSいじめ相談@かながわ」を実施する。県内の中学生・高校生約44万人が対象。中学生と高校生が日ごろ使い慣れている無料通話アプリ「LINE」を利用して相談できる。

生活・健康 中学生
神奈川県
  • 神奈川県
  • 「SNSいじめ相談@かながわ」の実施日時、実施概要など
 神奈川県教育委員会は2019年8月26日から9月22日まで、「SNSいじめ相談@かながわ」を実施する。県内の中学生・高校生約44万人が対象。中学生と高校生が日ごろ使い慣れている無料通話アプリ「LINE」を利用して相談できる。

 「SNSいじめ相談@かながわ」の実施期間は、2019年8月26日から9月22日まで。毎日午後6時から9時の間、専門の相談員がLINE上で生徒の悩み相談に応じる。対象生徒は、県内(県立・市町村立・国立・私立)の高等学校、中学校、中等教育学校、特別支援学校(中学部、高等部)、義務教育学校(7年~9年)の生徒約44万人。生徒には、相談窓口につながるLINEのQRコードを記載したカードを配布。相談を希望する生徒は、事前に「友だち登録」を行う必要がある。

 あわせて、「SNSいじめ相談@かながわ」の効果検証も実施。相談後に生徒に対し、相談が役に立ったか、相談の結果が状況の改善に結びついたかなどについて、LINE上でアンケートを行う。なお、LINEを使用しない生徒には「24時間子どもSOSダイヤル」での電話相談を周知するという。

 2018年度には同様の取組みを試行実施している。2018年11月に公表された実施結果によると、9月10日から23日の実施期間に183件の相談があった。相談内容(主訴)は、「いじめ」27.9%、「交友関係・性格の悩み」21.9%など。アンケート調査では、8割以上が「相談は役に立った」「また相談したい」「電話に比べてLINEは相談しやすかった」と答えている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)