グランプリ賞金50万円「デジタルえほんアワード」作品募集

 国際デジタルえほんフェア実行委員会は2019年8月27日、「デジタルえほんアワード2019」の作品募集を開始した。グランプリには賞金50万円が贈られる。応募締切は12月6日。

デジタル生活 中学生
デジタルえほんアワード
  • デジタルえほんアワード
  • デジタルえほんで遊ぶ子どもたち
  • デジタルえほんで遊ぶ子どもたち
 国際デジタルえほんフェア実行委員会は2019年8月27日、「デジタルえほんアワード2019」の作品募集を開始した。グランプリには賞金50万円が贈られる。応募締切は12月6日。

 「デジタルえほん」は、タブレットや電子書籍リーダー、電子黒板・デジタルサイネージ、スマートフォンなど、テレビやパソコン以外の新しい端末を含む子ども向けデジタル表現の総称。「デジタルえほんアワード」では、子どもたちが「たのしい!みたことがない!世界が広がる!」と思えるような世界各国のデジタルえほんを募集し、世界一のデジタルえほんを決定する。

 2018年に開催された第6回アワードでは、世界23か国から約330作品の応募があったという。また、第7回の開催を迎える今回から、グランプリ作品と準グランプリ作品への賞金の付与、「ラフ&ピース マザー賞」の新設が決定した。

 グランプリには賞金50万円、準グランプリとラフ&ピース マザー賞には賞金30万円が贈られる。このほか、審査員特別賞やデジタル教材賞、キッズ賞などを用意している。各賞典の結果発表は表彰式にて行う。表彰式の会場や日程については決定次第、Webサイトにて公開予定。

 募集作品は、アプリやフラッシュ、ARなど、フォーマットや対応端末は問わず、審査するうえで鑑賞可能な子ども向けデジタル表現作品や教材。応募条件は、スマートフォンまたはタブレットのWebView上で動作する、Webアプリまたはハイブリッドアプリ(開発環境はHTML5/Apache Cordovaを推奨)。応募資格は、一般部門とデジタル教材部門が個人、法人・各種団体を問わず誰でも応募できる(年齢、性別、国籍、プロ・アマチュアの別は問わない)。キッズ部門は中学生以下。

 エントリーは、デジタルえほんアワード公式サイト内エントリーフォームにて応募作品の情報を詳しく記入し、事務局よりエントリー完了のメールが届き次第、完了となる。応募作品の提出方法は閲覧端末により異なるため、詳細はWebサイトにて確認すること。応募締切は12月6日。

◆デジタルえほんアワード2019
募集作品:2019年12月6日(金)までの間に制作された「デジタルえほん」作品。アプリ、フラッシュ、ARなど、フォーマットや対応端末は問わず、審査するうえで鑑賞可能な子ども向けデジタル表現作品や教材。
応募資格:
<一般部門、デジタル教材部門>個人/法人・各種団体を問わず誰でも応募できる(年齢、性別、国籍、プロ・アマチュアの別は問わない)
<キッズ部門>中学生以下
締切:2019年12月6日(金)
エントリー方法:デジタルえほんアワードWebサイト内エントリーフォームにて応募作品の情報を詳しく記入し、事務局よりエントリー完了のメールが届き次第、完了となる
※応募作品の提出方法は閲覧端末によって異なるため、詳細はWebサイトで確認すること
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)