明治学院大、法曹コース設置にあたり早大・中大と連携協定

 明治学院大学法学部は、2019年11月12日に早稲田大学大学院法務研究科と、11月21日に中央大学法科大学院と法曹養成連携協定を締結した。明治学院大学法学部は2020年度、法律学科に法曹コースを開設予定。各大学を通じて文部科学省に法曹コース設置を申請するという。

教育・受験 大学生
明治学院大学
  • 明治学院大学
  • 明治学院大学 法学部
 明治学院大学法学部は、2019年11月12日に早稲田大学大学院法務研究科と、11月21日に中央大学法科大学院と法曹養成連携協定を締結した。明治学院大学法学部は2020年度、法律学科に法曹コースを開設予定。各大学を通じて文部科学省に法曹コース設置を申請するという。

 法曹コースは、法学部3年間と法科大学院2年間、合計5年間の一貫教育で司法試験合格を目指すコース。法科大学院改革の関連法が可決され、2020年度から法曹コースが制度化されることになった。これにより、大学入学から法曹資格を得るまでの最短期間が現行の8年から6年(法学部3年間・法科大学院2年間・司法修習1年間)に短縮されることになる。

 明治学院大学では、2019年2月に早稲田大学大学院法務研究科、6月に中央大学大学院法務研究科、慶應義塾大学大学院法務研究科と、それぞれ法曹養成のための連携に向けた協定を締結。11月12日に早稲田大学院法務研究科と、11月21日に中央大学法科大学院と法曹養成連携協定を締結した。

 明治学院大学法学部は、2020年度の法律学科2年次生に法曹(裁判官・検察官・弁護士など)を目指す人のための教育を行う「法曹コース」を設置する予定。法曹コースでは、他大学法科大学院と連携して一貫教育が行われ、コース在籍者は学部の成績が重視される特別選抜枠で法科大学院受験が可能となる。

 明治学院大学法学部は「法曹コース」を紹介するリーフレットを作成。Webサイトで公開している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)