中央大ら、産官学連携「サイバーセキュリティ教育」始動

 中央大学とメルカリ、LINE、警視庁サイバーセキュリティ対策本部は2019年12月18日、「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を締結。人材育成に絡む多角的な協力体制を構築し、産官学の強みを生かしたサイバーセキュリティ教育を始動する。

教育業界ニュース その他
中央大学
  • 中央大学
  • メルカリ
  • LINE
  • 警視庁サイバーセキュリティ対策本部
 中央大学とメルカリ、LINE、警視庁サイバーセキュリティ対策本部は2019年12月18日、「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を締結。人材育成に絡む多角的な協力体制を構築し、産官学の強みを生かしたサイバーセキュリティ教育を始動する。

 サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定は、サイバーセキュリティの重要性を鑑み、今後必要とされる人的資源、知的資源の育成に向け、産・学・官の各立場から相互協力を推進し、サイバーセキュリティ人材の育成および社会発展に寄与していくことを目的に締結された。これにより、「教育、研究の発展・向上に関する相互支援」「学生・教職員、職員、社員の相互交流」「人材育成、キャリア形成に資する支援」「サイバーセキュリティ分野における社会協力、社会貢献」を行っていく。

 今回の協定締結を通じ、メルカリ・LINE両社の提供するサービスは青少年学生の利用も多いという現状を踏まえ、産・官・学の3者で学生向けのリテラシー教育に取り組む。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)