【中学受験2020】関西1/18入試解禁、当日の解答速報も

 2020年1月18日、関西の私立中学が統一入試日を迎えた。新元号となって初の関西圏の中学入試となる今年、関西最難関の灘中学の確定出願倍率は4.31倍で、2008年度からの過去12年でもっとも高い倍率となっている。

教育・受験 小学生
写真はイメージです。本文とは関係ありません。
  • 写真はイメージです。本文とは関係ありません。
 2020年1月18日、関西の私立中学が統一入試日を迎えた。新元号となって初の関西圏の中学入試となる今年、関西最難関の灘中学の確定出願倍率は4.31倍で、2008年度からの過去12年でもっとも高い倍率となっている。

 関西を中心に全国でも学習塾「能開センター」を展開する、WAOコーポレ-ション取締役の池森英雄氏によると「(2019年は)実際の受験率に近い解禁日初日午前の実受験者数が、前年度比+457名の17,201名という結果になりました。小6児童数が減少している中、初日午前の受験率(受験者数/小6児童数)は9.6%となり、2014年の8.7%以降6年連続で上昇傾向となっています。女子校の解禁日初日の受験者数は、前年比108.4%で男子校の100.7%、共学校の101.5%を大きく上回ります。また2019年の女子入学者数は8,599名で、前年比+195でした」といい、今年も同様の傾向が続くと見られている。

関西・難関校の偏差値(浜学園)



 浜学園による2019年度入試結果結果偏によると、男子難関校は下記のとおり。

灘中学校、洛南高等学校附属(併願・男子):64
白陵(後期):62
東大寺学園:61
西大和学園(本校入試・男子):60
甲陽学院:59
大阪星光学院:59
須磨学園(第3回・B)午後:59
洛南高等学校附属(専願・男子):58
洛星(後期):58
六甲学院(B日程):58
など

 女子難関校は以下のとおり。

洛南高等学校附属(併願・女子):64
洛南高等学校附属(専願・女子):63
西大和学園(本校入試・女子)午後:63
白陵(後期):62
須磨学園(第3回・B)午後:59
神戸女学院:59
高槻(B日程・女子):59
四天王寺(医志):57
須磨学園(第1回・B)(第2回・B)(第3回・A):57
清風南海(B入試・ス特進)(SG入試・ス特進):57
神戸海星女子学院中学校(B日程):57
高槻中学校(A日程・女子):57
など

入試当日より解答速報スタート



 今年も能開センターや算数星人が入試当日より、四谷大塚が翌日より解答速報を行う予定だ。

能開センター近畿中学受験本部



 能開センター近畿中学受験本部は、1月18日より2020年中学入試の解答速報(算数)を公開する。灘・甲陽学院・大阪星光学院・洛星・四天王寺・高槻・西大和学園・清風南海・東大寺学園・洛南高附属・神戸女学院の11校に対応する。

算数星人のWEB問題集



 ロジックス出版の「算数星人のWEB問題集」では、1月18日に灘1日目の算数の解説速報を実施する。

四谷大塚



 四谷大塚は有名私立中や難関私立中・国立中の解答速報を行っている。灘の解答速報は1日目の算数・理科を1月19日、2日目の算数を1月20日のいずれも午後8時に公開する予定だ。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)