最大400万円免除、学生対象の海外留学奨学金4/17まで受付

 海外留学支援事業を展開するICCコンサルタンツは2020年2月1日、返済不要の海外留学奨学金制度「第30回IBPグローバル留学奨学金」の奨学生募集を開始した。応募は4月17日午前10時まで。東京、名古屋、京都、大阪では奨学金説明会が行われる。

教育・受験 大学生
第30回IBPグローバル留学奨学金
  • 第30回IBPグローバル留学奨学金
  • 説明会日程(一部)
 海外留学支援事業を展開するICCコンサルタンツは2020年2月1日、返済不要の海外留学奨学金制度「第30回IBPグローバル留学奨学金」の奨学生募集を開始した。応募は4月17日午前10時まで。東京、名古屋、京都、大阪では奨学金説明会が行われる。

 IBPグローバル留学奨学金は、18歳以上の学生が対象。海外大学での学びと現地の企業や団体でのインターンシップを組み合わせたビジネス留学に参加できる。奨学生募集は今回で30回目。これまでに約1,800名の奨学生を送り出し、300以上の企業・団体でさまざまなインターンシップを実施している。

 時代の変化とニーズに対応するため、独自のビジネストレーニングを「グローバルビジネスプラクティス」としてリニューアル。コンテンツを各国のビジネスパーソンが監修し、国内外で活躍でき、自らキャリアを拓ける人材育成というIBPグローバル留学奨学金の根幹のコンセプトをカリキュラムに落とし込んだ内容となっている。

 留学先は、米国のワシントン大学(シアトル)、サンフランシスコ州立大学(サンフランシスコ)、英国のウエストミンスター大学(ロンドン)、豪州のグリフィス大学(ブリスベン)、アジアのサンウェイ大学(クアラルンプール)など8大学から選択可能。

 書類審査と筆記試験、面接を経て、奨学生を決定する。特待生に選ばれると、学費・滞在費相当の最大約400万円が免除。準特待生は学費、優待生は学費の一部が免除される。

 応募はWebサイトにて受け付けている。応募締切は4月17日午前10時。最終選考結果は2020年5月中下旬頃までに応募者に通知される。Webサイトでは「応募のコツ」を紹介している。

 2月から4月にかけて、東京、名古屋、京都、大阪で説明会が行われる。説明会では、IBPグローバル留学奨学金の概要を説明するほか、応募のコツを紹介。IBP修了生やキャリアコンサルタントなどゲストを招いたコーナーも予定されている。説明会の日程はWebサイトで確認できる。参加予約もWebサイトにて受け付けている。

◆第30回IBPグローバル留学奨学金
対象:18歳以上の学生(2020年3月末日時点で在学中の者 ※卒業後の出発も対象)
留学先:下記8大学より選択可能
・米国/ワシントン大学(シアトル)、ベルビューカレッジ(ベルビュー)、シアトルセントラルカレッジ(シアトル)、カリフォルニア大学バークレー校(バークレー)、サンフランシスコ州立大学(サンフランシスコ)
・英国/ウエストミンスター大学(ロンドン)
・豪州/グリフィス大学(ブリスベン)
・アジア/サンウェイ大学(クアラルンプール)
研修時期:2020年秋、2021年春、2021年秋のいずれかより約1年間(研修校により9~10か月間)
※上記3期より選択可能。ただし、カリフォルニア大学バークレー校は2021年秋出発のみ奨学生募集の対象となる
奨学金の内容:特待生(2名)学費・滞在費免除、準特待生(12名)学費免除、優待生(55名)学費一部免除
選考方法:第1次選考/書類審査(プロフィール・エッセイ)、第2次選考/筆記試験(英語)と面接(日本語)
応募方法:Webサイトにて受け付けている
応募締切:2020年4月17日(金)午前10時
※2020年2月から4月にかけて、東京、名古屋、京都、大阪で説明会を実施する。日程はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)