速読解力・思考力を鍛える、自立学習システム「TERRACE」

 SRJは2020年3月2日、速読トレーニングプログラム「みんなの速読」を全面的にリニューアルした、自立学習型能力開発ポータル「TERRACE」をリリースする。新しい速読システムでは従来の速読解力に加え、読解力、思考力を鍛えられるトレーニングへと進化する。

教育業界ニュース 教材・サービス
速読解力講座
  • 速読解力講座
  • 思考力講座
  • 表現力コース「よのなか科」
  • ICT×ゲーミフィケーション
 SRJは2020年3月2日、速読トレーニングプログラム「みんなの速読」を全面的にリニューアルした、自立学習型能力開発ポータル「TERRACE」をリリースする。新しい速読システムでは従来の速読解力に加え、読解力、思考力を鍛えられるトレーニングへと進化する。

 SRJの「TERRACE」は、次世代に必須の“言葉の力”を育む新しい学習ポータル。情報処理力向上を目指す速読トレーニングを中心に、文章を正しく理解するために不可欠である基礎的な「読解力」や、新学習指導要領でも重視されている「思考力」を鍛えるトレーニングなど、基礎学力を向上させるコンテンツを搭載する。

 受講生は巨大図書館をイメージした世界に入り込み、経験値をアップさせながら次のトレーニングへと進んでいく。“ファミスタの父”と呼ばれるゲーミフィケーション研究の第一人者、岸本好弘氏を開発プロジェクトの監修に迎え、「つらい、面倒」と感じる行動を「楽しそう、やってみたい、もっともっとやってみたい」へ変えるトレーニング設計を目指した。

 「速読解力講座」では、基礎的読解力の習得と文章の全体把握、理解力の向上を目指し、読むスピードと内容理解をバランスよく鍛える。また、多くの文章に触れることで読解力を支える語彙力、多読力も培う。

 「思考力講座」では、計算などのように反射的に解ける問題ではなく、よく考えないと解けない算数的思考力問題に取り組むことで、考え抜く力をトレーニングし、物事をさまざまな角度から見て考えをまとめる力、自分の意見を論理的に説明できる力を伸ばす。さらに、脳トレの第一人者である川島隆太先生がCTOを務めるNeUが監修した、知能の基礎となる認知能力のパフォーマンスを高める13種類の脳力トレーニングも受講できる。

 「表現力コース」には、義務教育初の民間校長を務めた藤原和博氏が提唱した、知識と実際の世の中との懸け橋になる授業「よのなか科」を配信。「思考力・判断力・表現力強化」「学習意欲喚起のきっかけ」「小論・記述式問題対策」を目的としたキャリア教育教材で、「ハンバーガー店をどこに出店するか」「いじめゼロは可能か」など、40種類以上のビデオ授業を展開する。動画1本あたり約10分間で作られているため、学校や学習塾のカリキュラムに合わせてアクティブラーニング方式の講座設計が可能。

 3月の「速読解力」「思考力」「表現力」各コースのリリースに続き、夏にはリーディングとリスニングの2技能を中心にトレーニングできる「速読聴英語」コースの搭載も予定している。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)