世界18言語で翻訳された絵本「旅でみる 世の中のしくみ大図解」

 ポプラ社は2020年2月4日、親子で楽しめる“社会見学”絵本「旅でみる 世の中のしくみ大図解」を刊行した。チョコレートやジーンズなど、身近な物・サービスが手元に届くまでの流れを「旅」にたとえて紹介する。定価は1,980円(税別)。

趣味・娯楽 小学生
旅でみる 世の中のしくみ大図解
  • 旅でみる 世の中のしくみ大図解
  • 1項目・1見開きの大画面
 ポプラ社は2020年2月4日、親子で楽しめる“社会見学”絵本「旅でみる 世の中のしくみ大図解」を刊行した。チョコレートやジーンズなど、身近な物・サービスが手元に届くまでの流れを「旅」にたとえて紹介する。定価は1,980円(税別)。

 「旅でみる 世の中のしくみ大図解」は、子どもたちにとって身近な物・サービスが手元に届くまでの流れを「旅」にたとえて紹介する絵本。2019年にイギリスで刊行されて以降、世界18言語での翻訳が決定している。

 絵本では、知らなくても生活できるけれど、知るとちょっと世の中を見る目が変わる、世の中の裏側の流れを紹介。食べ物や雑貨から、電気・ガソリンなどエネルギー資源に関する「旅」まで、現代の子どもたちに身近なものが、バランスよく収録されている。

 「ジーンズって、何から作られているんだっけ?」「ネットショッピング、どうしてワンクリックで商品が届くんだろう?」といった、大人もよく知らない物事の裏側が、フィンランド在住の画家 バルプリ・ケルトゥラによるユーモラスな絵で描かれており、子どもたちの想像力を喚起し、興味・関心の幅をより広い世界へと広げる内容となっている。1項目1見開きの大画面で、旅の流れが迫力のある1枚の絵で紹介される。絵の矢印を順にたどるだけで、社会見学のように楽しめる。

◆旅でみる 世の中のしくみ大図解
作:リビー・ドイチュ
絵:バルプリ・ケルトゥラ
定価:1,980円(税別)
判型:大型絵本(30cm×26cm)、オールカラー48ページ
対象:小学生~(総ルビ)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)