日本エイサー、GIGAスクール構想対応ノートPCを8月発売

 日本エイサーは、マルチタッチ対応の11.6型コンバーチブルノート「Acer Chromebook Spin 511シリーズ」より「R752T-G2」を、文教市場向けに2020年8月に発売する。想定売価は税別4万9,800円。

教育ICT 小学生
日本エイサー
  • 日本エイサー
  • R752T-G2
  • R752T-G2
 日本エイサーは、マルチタッチ対応の11.6型コンバーチブルノート「Acer Chromebook Spin 511シリーズ」より「R752T-G2」を、文教市場向けに2020年8月に発売する。想定売価は税別4万9,800円。

 「R752T-G2」は、高速起動かつ安全で使いやすいChrome OSを搭載している。OSの購入やアップデートに伴うライセンス費用、セキュリティソフトなどの購入が不要なため、維持や管理にかかるコスト負担が少ない。

 ディスプレイは、360度回転する10点マルチタッチ対応。キー入力に適したノートパソコンモードやグループ学習に便利なディスプレイモード、片手に持って手軽に使えるタブレットモードなど、場面に応じて画面を回転させることができる。

 ほかにも、視野角の広いIPSパネルと耐久性の高いGorilla Glassを採用しているほか、最長10時間駆動のバッテリーを搭載しているので、画面共有やグループ学習、校外学習にも安心なつくりとなっている。また、学校での過酷な使用環境を考慮し、ボディ構造も強化されている。

 このような特長のある「R752T-G2」は、「GIGAスクール構想」における「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」の考え方に基づいた、学習者用端末の標準仕様に準拠している。販売価格は、1台の端末あたりの補助金で導入できる価格を想定しており、児童生徒1人1台端末実現の後押しをする。
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)