新型コロナで入手困難なマスク、白色に限定しないで…熊本市

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクの品薄状態が深刻さを増す中、熊本市は学校や幼稚園に対し、児童や生徒が着用するマスクの色を白に限定しないよう呼び掛けている。

生活・健康 小学生
熊本市
  • 熊本市
  • 教育長ブログ
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクの品薄状態が深刻さを増す中、熊本市は学校や幼稚園に対し、児童や生徒が着用するマスクの色を白に限定しないよう呼び掛けている。

 熊本市は2020年2月23日、新型コロナウイルスの感染者の発生に伴う熊本市立学校・園の対応として、幼児・児童・生徒が着用するマスクを白色に限定しないよう求める通知を各学校・園に出した。

 市販マスクの入手が困難な状況が続き、子どもたちが着用するためにマスクを手作りしている保護者もいる中、白いマスクの着用しか認めない学校の対応を疑問視する声が熊本市に寄せられたためだという。

 熊本市の遠藤洋路教育長は2月23日、自らのブログにも「学校におけるマスク着用について」と題した文章を掲載。「着用するマスクの色を限定するような対応は不適切であり、絶対に行わないようにお願いします」とあらためて呼び掛けている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)