LINEでいじめ・悩みを相談できるサービス…私立中高向け

 アディッシュは2020年3月6日、新型コロナウイルス感染症対策として学校への臨時休校要請の発表を受け、コミュニケーションアプリ「LINE」上でいじめや悩みの連絡・相談に応じる「スクールサイン for LINE」を、私立の中学校・高等学校に向けて提供すると発表した。

生活・健康 中学生
スクールサイン for LINE
  • スクールサイン for LINE
  • スクールガーディアンのSNS相談・通報サービスイメージ
  • スクールサイン for LINE
 アディッシュは2020年3月6日、新型コロナウイルス感染症対策として学校への臨時休校要請の発表を受け、コミュニケーションアプリ「LINE」上でいじめや悩みの連絡・相談に応じる「スクールサイン for LINE」を、私立の中学校・高等学校に向けて提供すると発表した。

 アディッシュは、2017年7月より文部科学省の「SNSを活用したいじめなどに関する相談体制の構築に係わるワーキンググループ」に参画し、子どもの間で起こるネットいじめやSNSトラブルの対策となる事業を推進してきた。

 アディッシュの「スクールサイン for LINE」は、コミュニケーションアプリ「LINE」を利用して、子どもが不安や悩みを学校に連絡できるサービス。

 自社開発したチャットボットツール「hitobo」(ヒトボ)が、学年・性別といった属性、子どもの悩みや心配事など学校に伝えたい内容を自動でヒアリングする。

 利用する子どもは、「LINE」上で24時間いつでもメッセージやスクリーンショットを送ることができ、届いた声はアディッシュで全内容を確認、緊急性の高い内容は即時に学校へ報告するシステムになっている。

 自治体が提供するSNS相談窓口のサービスは、おもな対象が県立・市立などの公立校に限定されており、私立学校は導入が難しいという実態があったためアディッシュでは、各々の私立学校が導入できるSNS相談・通報サービスの提供を開始したという。

 アディッシュは新型コロナウイルス感染症拡大により、不安を感じやすくなっている子どもの心のケアになるサービスを提供していくとしている。
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)