小中学生がいる世帯に、BsizeがAIみまもりロボを無償提供

 ビーサイズは2020年4月6日、小中学生の子どもがいる世帯を対象に、AIみまもりロボット「GPS BoT(ジーピーエス・ボット)第1世代モデル」の無償提供を開始した。申込みは5月末日まで、最大5万台まで受け付ける。端末価格は無償、別途送料と月額料金が必要。

生活・健康 小学生
AIみまもりロボット「GPS BoT(ジーピーエス・ボット)」
  • AIみまもりロボット「GPS BoT(ジーピーエス・ボット)」
  • AIみまもりロボット「GPS BoT(ジーピーエス・ボット)」
  • AIみまもりロボット「GPS BoT(ジーピーエス・ボット)」
 ビーサイズは2020年4月6日、小中学生の子どもがいる世帯を対象に、AIみまもりロボット「GPS BoT(ジーピーエス・ボット)第1世代モデル」の無償提供を開始した。申込みは5月末日まで、最大5万台まで受け付ける。端末価格は無償、別途送料と月額料金が必要。

 ビーサイズ(Bsize)は、人工知能(AI)を活用した、GPS子ども見守りサービスを手掛ける会社。同社が開発する「GPS BoT(ジーピーエス・ボット)」は、AI搭載で行動を学習するGPS。毎日カバンに入れて持ち歩くだけで学校や家、習い事などよく行く場所を自動で学習する。学習、登録した場所に出発・到着したとき、自動で保護者のスマホにPUSH通知を行うため、都度のリサーチは不要。また、現在地だけでなく、その日から過去1週間の行動履歴をたどることが可能。複数の位置情報特定方法(GPS、WiFi、携帯基地局、加速度センサー)を活用し、これまで難しかった屋内での位置特定が正確にできることも特長となっている。

 AIみまもりロボット「GPS BoT(第1世代モデル)」の無償提供は、新型コロナウイルス感染症の影響で学校の授業再開が不透明な中、自宅に子どもを残したまま外で仕事をしなければならない保護者や、分散登校・時差通学等によって不規則な休校や登下校時間への対応が迫られる小中学生世帯が対象。少しでも心配事を軽減し、心安らげる暮らしに貢献できることを願って、支援策を決定したという。

 申込みは、2020年5月7日までにビーサイズWebサイトにて、最大5万台まで先着順に受け付ける。提供条件は、小中学生の子ども1人あたり1台まで、兄弟分として複数台の申込みも可能。

 端末価格は無償だが、別途送料(税別324円)と月額料金(税別480円/月)が必要。また、利用の際は、SMSが受信でき、BoTアプリが動作するスマートフォンを所持していることが条件となるほか、クレジットカードが必要(プリペイド・デビット等は非対応)となる。なお、初期契約事務手数料や解約料、契約年数の縛りなど、付帯条件は一切なし。保護者契約回線のキャリア縛りもなく、格安SIMスマホでも利用可能となっている。

 Webサイトには、詳細な提供条件を掲載。無償提供される第1世代モデルと通常販売されている第2世代(新モデル)との違いも確認できる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)