早稲田アカデミーがオンライン授業開始、コロナ対応

 早稲田アカデミーは2020年4月13日、新型コロナウイルス感染拡大による対応としてオンライン授業を開始したと発表した。Web会議システム「Zoom」を利用した双方向Web授業と、何度でも視聴できるオンデマンド授業映像を配信する。

教育・受験 中学生
早稲田アカデミー
  • 早稲田アカデミー
  • 新型コロナウイルス対策として早稲田アカデミーは、オンライン授業を開始した
  • 新型コロナウイルス対策として早稲田アカデミーは、オンライン授業を開始した
 早稲田アカデミーは2020年4月13日、新型コロナウイルス感染拡大による対応としてオンライン授業を開始したと発表した。Web会議システム「Zoom」を利用した双方向Web授業と、何度でも視聴できるオンデマンド授業映像を配信する。

 新型コロナウイルス感染拡大が懸念される中、早稲田アカデミーでは子どもたちが安心して学習に取り組むことができる環境を継続するため、オンライン授業を開始した。

 早稲田アカデミーは創業以来、生徒と講師が空間を共有することで生まれる“熱”が生徒のやる気に火をつけるという理由から、「対面授業」にこだわっている。双方向Web授業は、Web会議システム「Zoom」を使って、講師と生徒、生徒同士が同じ時間を共有できる。講師の姿や声だけでなく、同じクラスの生徒の発言もリアルタイムに届くので、対面授業と変わらない臨場感の中で授業を受けられる。

 オンデマンド授業映像配信は、自分が見たい科目・単元の授業を、いつでも、何度でも視聴可能。各単元の重要ポイントがコンパクトにまとめられているので、双方向Web授業と合わせて視聴することで学習効果がより高まるという。

 対象ブランドは、早稲田アカデミー(小中校舎)・SPICA・国研・IBS・IBS国立ラボ・English ENGINE。受講にはMY PAGEへのログインが必要。受講方法や授業・映像配信のスケジュールなど詳細は、Webサイトで確認できる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)